違い

「押印」と「捺印」と「押捺」の違いは何?

日本語には異なる言葉でも似たようなものがたくさんありますが、「押印」「捺印」「押捺」もその1つです。

この記事で、「押印」と「捺印」と「押捺」の違いについて見ていきましょう。

「押印」と「捺印」と「押捺」の違い

「押印」と「捺印」と「押捺」の違い

「押印」と「捺印」と「押捺」の違いは以下の通りです。

  • 押印」:ハンコを押すという行為、直筆・手書き以外で氏名を書く行為「記名」に対して使われる言葉
  • 捺印」:ハンコを押すという行為、契約者本人が直筆・手書きで氏名を書く行為「署名」に対して印鑑を押す場合に使われる言葉
  • 押捺」:ハンコを押すという行為、「拇印(ぼいん)」を押すこと

「押印」「捺印」「押捺」はハンコを押すという行為を指しますが、「押印」は「記名」に対して、「捺印」は「署名」に対して、「押捺」は「拇印」を主に指します。

「押印」「捺印」「押捺」とは

「押印」「捺印」「押捺」とは

「押印」について詳しく

「押印(おういん)」とはハンコを押すという行為、直筆・手書き以外で氏名を書く行為「記名」に対して使われる言葉です。

「押印」は「記名押印」という言葉が省略されてできた言葉です。

「押印」は直筆・手書きで氏名を書く行為である「記名」以外の、パソコン、ゴム印、代筆などの行為に対して使われる言葉です。

簡易的な書類の提出をする際や、宅配便などを受け取る際に押される印鑑も同様に「押印」と言います。

「捺印」について詳しく

「捺印(なついん)」とはハンコを押すという行為、契約者本人が直筆・手書きで氏名を書く行為「署名」に対して印鑑を押す場合に使われる言葉です。

「捺印」は「署名捺印」という言葉が省略されてできた言葉です。

「署名」をすれば大抵の場合はハンコは不要であることが多いですが、「捺印」は契約者本人が直接書いた際にハンコを押す、この一連の流れがセットとなった際に使われると覚えておきましょう。

また、「押印」に比べて「捺印」は、契約者本人が直筆・ハンコを押すため法的な効力が高く、また証拠能力も高いです。

「押捺」について詳しく

「押捺(おうなつ)」とはハンコを押すという行為、「拇印(ぼいん)」を押すことです。

「押捺」も「押印」「捺印」と同様に「ハンコ押すこと」を指す言葉ですが、「押捺」は「拇印」を押すこと、親指の先に朱肉や墨をつけて指紋を押すことも指します。また、「押印」「捺印」をひっくるめたものを指して「押捺」という場合もあります。

しかし、現在は指紋を押す機会も少ないために「押捺」という言葉はあまり使用されません。

「押印」と「捺印」と「押捺」の違いは何?まとめ

「押印」と「捺印」と「押捺」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 押印」:ハンコを押すという行為、直筆・手書き以外で氏名を書く行為「記名」に対して使われる言葉
  • 捺印」:ハンコを押すという行為、契約者本人が直筆・手書きで氏名を書く行為「署名」に対して印鑑を押す場合に使われる言葉
  • 押捺」:ハンコを押すという行為、「拇印(ぼいん)」を押すこと

「押印」は「記名」、「捺印」は「署名」、「押捺」は「拇印」と覚えておくと良いです。ぜひ、参考にされて見てください。

「ハンコ」と「印鑑」と「シャチハタ」の違いは何?「ハンコ」と「印鑑」と「シャチハタ」、これらの違いは何かご存知でしょうか。 社会人になると使う機会がぐんと増えるこれらは、それぞれ...
「記入」と「記載」と「記述」の違いは何?書類やプリントなどに書き記すことを「記入」「記載」「記述」などと言いますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。 同じような意味を...
「A罫」と「B罫」の違いは何?ノートやルーズリーフは勉強をする上でとても大切なものです。その中でノートやルーズリーフの大きさを表す「A4」や「B5」と言った種類の他に...