違い

「お刺身」と「お造り」の違いは何?

日本では魚を生で食べる文化が根付いていますが、代表的なものに「お寿司」や「お刺身」「お造り」などがあります。

しかし、その中でも「お刺身」と「お造り」の違いは一体何なのでしょうか。どちらも切り身にしたものを、醤油などの調味料につけて食べるものですが、この違いは何なのか気になりますよね。

この記事で、「お刺身」と「お造り」の違いについて見ていきましょう。

「お刺身」と「お造り」の違い

「お刺身」と「お造り」の違い

「お刺身」と「お造り」の違いは以下の通りです。

  • お刺身」:関東地方を中心に使われる呼称で、新鮮な魚介類や肉類などを小片に切り、醤油などの調味料につけて食べるもの
  • お造り」:関西地方を中心に使われる呼称で、新鮮な魚介類や肉類などを小片に切り、醤油などの調味料につけて食べるもの、また魚の切り身を盛り付けたもの

基本的には「お刺身」と「お造り」は同じですが、「お造り」は特にお頭や他の食材を添えて魚の切り身を盛り付けたものを指すことが多いです。

「お刺身」「お造り」とは

「お刺身」「お造り」とは

「お刺身」について詳しく

「お刺身」とは新鮮な魚介類や肉類などを小片に切り、醤油などの調味料につけて食べるものを指します。

江戸時代に現在では多くの料理で使用される醤油が登場したことにより、関東地方を中心に魚を生で食べる文化が生まれました。

当時は武家社会だったために、「切り身」の「切る」という文字は「切腹」などを連想するために縁起が悪いとされ、そこを「刺す」に変えて「お刺身」「刺身」と呼ばれるようになったとされています。

「お造り」について詳しく

「お造り」とは新鮮な魚介類や肉類などを小片に切り、醤油などの調味料につけて食べるもの、また魚の切り身を盛り付けたもののことを指します。

「お造り」は基本的に「お刺身」と同じですが、その中でも切り身を盛り付けたもののことを指すことがほとんどです。

醤油が普及し関東地方では「お刺身」として広がっていましたが、関西地方では「お刺身」に使われている「刺す」という字も「切る」と同様に縁起が悪いとされていました。京都では生魚を食べる際には湯引きにして殺菌したり、昆布でしめたりと手間暇をかけていたため、この手間を「造る」と呼んでいたために「お造り」になったとされています。

「お刺身」と「お造り」の違いは何?まとめ

「お刺身」と「お造り」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • お刺身」:関東地方を中心に使われる呼称で、新鮮な魚介類や肉類などを小片に切り、醤油などの調味料につけて食べるもの
  • お造り」:関西地方を中心に使われる呼称で、新鮮な魚介類や肉類などを小片に切り、醤油などの調味料につけて食べるもの、また魚の切り身を盛り付けたもの

基本的には同じですが、その店や地域によって使い分けがされている場合があります。ぜひ、参考にされて見てください。