違い

「押さえる」と「抑える」の違いは何?

押さえる」と「抑える」、どちらも「おさえる」と読みますが、これらの使い分けで迷ったことはないでしょうか。

例えば「要点をおさえる」という文があったときに、この場合は「押さえる」と「抑える」のどちらを使えば良いのでしょうか。

この記事で、「押さえる」と「抑える」の違いについて見ていきましょう。

「押さえる」と「抑える」の違い

「押さえる」と「抑える」の違い

「押さえる」と「抑える」の違いは以下の通りです。

  • 押さえる」:対象に力を加えることによってその状態を維持する、物理的な意味合いを持つ言葉で、その他にも自身の支配下にあるものを「おさえる」際にも使われる
  • 抑える」:主に形のないものに対して、対象の勢いを止めたり、控えめにするなどの意味合いを持つ言葉

「押さえる」は物理的な意味合いを持つ言葉、「抑える」は主に主に形のないものに対して使う言葉と、覚えておくと分かりやすいです。

「押さえる」「抑える」とは

「押さえる」「抑える」とは

「押さえる」について詳しく

「押さえる」とは対象に力を加えることによってその状態を維持する、確保する、覆う、捕らえる、掴むなどの意味を表す言葉です。

「押さえる」は主にその対象に直接触る、物理的に力を入れるという際に使われる言葉です。

しかし「予約を押さえる」「予算を押さえる」のように、そのものに直接触る、物理的に力を入れる以外でも使われるケースがあります。これは、その「押さえる」対象を、他に入る余地がない、何もできない自身の支配下にある状態を意味することから、「押さえる」が使われています。

そのため、自分の支配下に置くということから、冒頭の「要点をおさえる」は「要点を押さえる」となります。

  • 飛ばないように手で紙を「押さえる」
  • 傷口を「押さえる」
  • 要点を「押さえる」

「抑える」について詳しく

「抑える」とは対象の勢いを止める、食い止める、押し留める、感情をこらえるなどの意味を表す言葉です。

「抑える」はそのままの状態にしておくと限界を超えてしまう、勢いであったり、感情であったりの形のないものを「おさえる」際に使われます。

また、カロリーを「抑える」などの、対象を控えめにするという意味でも使われます。

  • 眠気を「抑える」
  • カロリーを「抑える」
  • 被害を「抑えた」

「押さえる」と「抑える」の違いは何?まとめ

「押さえる」と「抑える」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 押さえる」:対象に力を加えることによってその状態を維持する、物理的な意味合いを持つ言葉で、その他にも自身の支配下にあるものを「おさえる」際にも使われる
  • 抑える」:主に形のないものに対して、対象の勢いを止めたり、控えめにするなどの意味合いを持つ言葉

「押さえる」と「抑える」はしばしば混同して使ってしまうことがありますが、押さえる」は物理的な意味合いを持つ言葉、「抑える」は主に主に形のないものに対して使う言葉です。ぜひ、参考にされて見てください。