違い

「大雨」と「豪雨」の違いは何?

大気が不安定になると、突然の「大雨」や「豪雨」に見舞われてしまうので、暑い日は特に、それらに備えた準備が必要になっていきます。ただ、ここで気になるのが「大雨」と「豪雨」の違いです。この2つにはどんな違いがあるのでしょうか。何となくですが、「豪雨」の方が、「大雨」よりも雨の勢いが強いような印象を受けますが、実際にはどんな違いがあるのか気になりますよね。

この記事で、「大雨」と「豪雨」の違いについて見ていきましょう。

「大雨」と「豪雨」の違い

「大雨」と「豪雨」の違いは以下の通りです。

  • 大雨」:多量に降る雨、災害が発生するおそれのある雨
  • 豪雨」:多量に降る雨、著しい災害が発生した顕著な大雨現象

「大雨」「豪雨」ともに、多量に降る雨などの意味を持っており、そのように使われることが多いですが、気象庁のホームページでは、「大雨」は災害が発生するおそれのある雨、「豪雨」は著しい災害が発生した顕著な大雨現象と記載がされており、意味が違います。

「大雨」「豪雨」とは

「大雨」「豪雨」とは

「大雨」について詳しく

「大雨」とは多量に降る雨、災害が発生するおそれのある雨のことです。

「大雨」は一般的に多量に降る雨と認識されており、広辞苑などにもこのような記載がされていますが、気象庁のホームページでは、災害が発生するおそれのある雨と記載されています。

災害が発生するおそれのある雨というのは、同じ雨量の雨でも環境ごとにどのような被害を及ぼすかは違うため、「大雨」の基準は地域ごとに異なります。多量に雨が降ると、ニュース速報や専用のアプリなどを通して「大雨注意報が発令されました」などの文言が我々の耳に伝わりますが、「大雨注意報基準以上の雨」と発表されれば、今降っている雨が「大雨」となります。

気象庁では、1時間辺りに降る雨量によって雨の強さを分けており、「弱い雨」「やや強い雨」「強い雨」「激しい雨」「非常に激しい雨」「猛烈な雨」などの呼称で呼び分けをしています。

  • 弱い雨」:1時間の雨量が3mm未満の強さの雨。「小雨」はこれに含まれる
  • やや強い雨」:1時間の雨量が10mm以上20mm未満の雨
  • 強い雨」:1時間の雨量が20mm以上30mm未満の雨
  • 激しい雨」:1時間の雨量が30mm以上50mm未満の雨
  • 非常に激しい雨」:1時間の雨量が50mm以上80mm未満の雨
  • 猛烈な雨」:1時間の雨量が80mm以上の雨

また、「局地的大雨」という「大雨」の種類もあり、これは、急に強く降り、数十分の短時間に狭い範囲に数十mm程度の雨量をもたらす雨と記載がされています。

「豪雨」について詳しく

「豪雨」とは多量に降る雨、著しい災害が発生した顕著な大雨現象です。

「豪雨」は「大雨」と同じく多量に降る雨、という意味で使われることがあり、ニュアンス的には「大雨」よりも強い雨という認識がありますが、気象庁のホームページでは著しい災害が発生した顕著な大雨現象と記載がされており、意味が違います。

「豪雨」は、これから降る雨、もしくは今降っている雨を指す呼称ではなく、過去に起きた「大雨」によっての災害の通称を指すときに使われる言葉です。そのため、天気予報などでも、「豪雨に気をつけてください」などの言い回しで「豪雨」が使われることはなく、「○○年前の○○豪雨に匹敵する大雨」などのように使われます。

「大雨」と「豪雨」の違いは何?まとめ

「大雨」と「豪雨」の違いについて見ていきました。

「大雨」 多量に降る雨、災害が発生するおそれのある雨
「豪雨」 多量に降る雨、著しい災害が発生した顕著な大雨現象

ぜひ、参考にされて見てください。

「深夜」と「夜中」と「真夜中」と「未明」の違いは何?「夜」を表す言葉に「深夜」「夜中」「真夜中」「未明」などの言葉がありますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。 ニュースなどの報...
「台風」と「タイフーン」と「ハリケーン」と「サイクロン 」と「トルネード」の違いは何?ニュースや新聞などで「台風」「タイフーン」「ハリケーン」「サイクロン」「トルネード」などの様々な呼び方を耳にします。 どれも熱帯低...
「科学」と「化学」の違いは何?「かがく」には「科学」と「化学」の2種類の漢字の表記の仕方がありますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。 2つの表記があるのは...