違い

「そうめん」と「ひやむぎ」と「うどん」の違いは何?

夏になると清涼感のあるもの、食欲が無くてもサクッと食べることができる「そうめん」や「ひやむぎ」「うどん」などの麺類が大活躍しますね。夏に食べすぎて食傷気味だという方も意外に多いのではないかと思います。

そんな「そうめん」「ひやむぎ」ですが、見た目も味も似ているので混同されがちですが、これらの違いについてご存知でしょうか。名称の違いはあるのは知っているけど、具体的な違いに関しては知らないという方が多いと思います。

この記事で、「そうめん」と「ひやむぎ」と、あわせて「うどん」の違いについて見ていきましょう。

「そうめん」と「ひやむぎ」と「うどん」の違い

「そうめん」と「ひやむぎ」と「うどん」の違い

「そうめん」「ひやむぎ」「うどん」を改めて見ますと「うどん」は比べるまでもないですが、「ひやむぎ」は「そうめん」に比べて若干太めに作られていることが分かります。

「そうめん」「ひやむぎ」「うどん」は主原料を小麦粉として、食塩水などを練って乾燥させた乾麺です。現在、スーパーなどで売られている大部分のものは製麺機という機械で作られる、いわゆる「機械麺」というもので、日本農林規格(JAS規格)の「乾めん類品質表示基準」というものを基にそれぞれ太さごとに作られています。

「そうめん」と「ひやむぎ」と「うどん」の違い
  • そうめん」:直径1.3mm未満
  • ひやむぎ」:直径1.3mm以上1.7mm未満
  • うどん」:直径1.7mm以上
  • きしめん」:幅4.5mm以上で厚さが2.0mm未満

「そうめん」は直径1.3mm未満、「ひやむぎ」は直径1.3mm以上1.7mm未満、「うどん」は1.7mm以上、ついでに「きしめん」は幅4.5mm以上で厚さが2.0mm未満で、決められた「太さ」もとにそれぞれ作られており、含まれている成分などに違いはありません。

ただ、これは製麺機で作られた場合の「機械麺」の場合に限った時の話になります。詳しく見ていきましょう。

製造方法では太さが違う?

製造方法では太さが違う?

製麺機で作られる「機械麺」の場合は、一寸の違いもなく正確に作ることができますが、手作業で作る「手延べ干し麺」の場合はそう簡単にはいきません。何本もある中で、太いところや細いところが出てしまうのはしょうがなく、太さを基準に「そうめん」なのか「ひやむぎ」なのか判断することが難しいです。

そこで、手作業で作る「手延べ干し麺」に限っては、直径1.7mm未満のものは「そうめん」でも「ひやむぎ」でも、どちらで呼んでも構わないという決まりができたそうです。

また、「そうめん」と「ひやむぎ」は、前者は小麦粉に食塩水を加えて練り、植物油を塗って細く引き伸ばし、天日干しして作られたもので、後者は、「うどん」を細打ちにしたもので、小麦粉に塩を加えて、水で練って細く切ったもの、というその製法にも違いがあります。

「そうめん」と「ひやむぎ」と「うどん」の違い
  • そうめん」:小麦粉に食塩水を加えて練り、植物油を塗って細く引き伸ばし、天日干しして作られたもの
  • ひやむぎ」:「うどん」を細打ちにしたもので、小麦粉に塩を加えて、水で練って細く切ったもの
  • うどん」:小麦粉に食塩水を混ぜてよくこねて、のばして薄く切ったもの

そこに製麺機が登場したことによって、太いのに「そうめん」だったり、細いのに「ひやむぎ」だったりと区別がしにくくなり「乾めん類品質表示基準」というものが出来て、これを基に区別がされるようになりました。

「そうめん」「ひやむぎ」「うどん」の違いに関しては基本的には「太さ」ということで良いと思いますが、製法でも違いがあるということも覚えておきましょう。

色がついた「ひやむぎ」について

色がついた「ひやむぎ」について

色がついたひやむぎ」を見かけることがありますが、あれはどういった理由からなんでしょうか。

昔「そうめん」「ひやむぎ」「うどん」と並べて店で売ることがあり、どれも白一色で、お客さんはもちろんのこと、作った本人でさえどれがどれだけ分からなくなってしまう、ということがありました。

そこで、「ひやむぎ」に緑やピンクなどの違う色を入れて、一目で分かるようにし、簡単に区別ができるようにしたというわけです。

現在では、製麺機で作られる「機械麺」が主流で、スーパーなどで並んでいてもパッケージがあるので迷うということはありませんが、その名残が残っており「清涼感を得られる」「子どもたちが喜ぶ」といった理由で、何本か入れているようです。

「そうめん」にも同じように入れられることもあります。

「そうめん」と「ひやむぎ」と「うどん」の違いは何?まとめ

「そうめん」と「ひやむぎ」と「うどん」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 「そうめん」「ひやむぎ」「うどん」は製麺機で作られた場合、「そうめん」は直径1.3mm未満、「ひやむぎ」は直径1.3mm以上1.7mm未満、「うどん」は1.7mm以上という太さに決まりがあり、その他の原料などに違いはない
  • 手作業で作る「手延べ干し麺」の場合、太さに違いが出るのは当然なので、「手延べ干し麺」に限っては直径1.7mm未満のものは「そうめん」でも「ひやむぎ」でもどちらで呼んでも構わない
  • また、手作業で作る場合は製造方法によって名称が変わり、「そうめん」は小麦粉に食塩水を加えて練り、植物油を塗って細く引き伸ばし、天日干しして作られたもの、「ひやむぎ」は「うどん」を細打ちにしたもので、小麦粉に塩を加えて、水で練って細く切ったもの、「うどん」は小麦粉に食塩水を混ぜてよくこねて、のばして薄く切ったものとされている
  • 色がついた「ひやむぎ」があるのは、見た目が似ている「そうめん」「うどん」と簡単に区別ができるようにするため。「そうめん」にも同じように色がついたものがある

これらの違いは、「機械麺」か「手延べ干し麺」によって異なり、前者の場合は「太さ」という違いから区別され、後者の場合は「製造方法」という違いから区別がされます。

現在は「機械麺」が主流なので「太さ」の違いということで良いと思いますが、「手延べ干し麺」の場合は「製造方法」でも違うということも覚えておきたいですね。

「もりそば」と「ざるそば」の違いは何?「もりそば」と「ざるそば」の違いは何かご存知でしょうか。 「もりそば」と「ざるそば」の違いを、海苔がかけられているのものが「ざるそ...
「いくら」と「すじこ」の違いは何?キラキラと鮮やかな赤色をしている「いくら」。「いくら」はどんな世代にも親しまれる魚卵の1つです。 ただ、同じようなものに「すじこ」...
「糸こんにゃく」と「しらたき」の違いは何?「おでん」や「すき焼き」「肉じゃが」などの具材で使用される「糸こんにゃく」「しらたき」の違いはご存知でしょうか。 どちらも細長い「...