違い

「飲む」と「呑む」の違いは何?

「のむ」には「飲む」と「呑む」の2つの漢字の表記がありますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。「飲み物を飲む」「丸呑みにする」など、無意識に使い分けをしている方も多いと思いますが、この2つにはどんな違いがあるのか気になりますよね。

この記事で、「飲む」と「呑む」の違いについて見ていきましょう。

「飲む」と「呑む」の違い

「飲む」と「呑む」の違いは以下の通りです。

「飲む」と「呑む」の違い
  • 飲む」:液体などを口に含み、噛まずに体内へ流し込む行為。「常用漢字」
  • 呑む」:固体などを口に含み、噛まずに体内へ流し込む行為。「表外漢字」

主に、液体か固体かで「飲む」「呑む」の使い分けがされますが、例外が多く存在し、固体でも「飲む」が使われたり、液体でも「飲む」が使われる場合もあります。1番の違いは「常用漢字」か「表外漢字」かにあります。

「飲む」「呑む」とは

「飲む」「呑む」とは

「飲む」について詳しく

「飲む」とは液体などを口に含み、噛まずに体内へ流し込む行為のことを指します。

「飲む」は基本的に水やジュース、アルコールを含む飲料などの液体を口に含み、噛まずに体内へ流し込む際に使われる言葉です。

しかし例外もあり、粉末やカプセルタイプの薬などは液体ではなく固体ですが、これらは噛まずに体内へ流し込むことから「飲む」が使われています。そのため、噛まずに体内へ流し込むものであれば、液体と同様に「飲む」が使われます。

他にも「要求を飲む」などの比喩表現でも使われます。

また、「飲む」は後述する「呑む」とは異なり「常用漢字」です。「常用漢字」とは新聞や雑誌、役所などの公用文で一般的に使われるもので、社会における漢字の使用目安となる項目のことです。なので、公的文書などに書かれる漢字表記でも違いがあります。

「呑む」について詳しく

「呑む」とは固体などを口に含み、噛まずに体内へ流し込む行為のことを指します。

「呑む」は基本的に「蛇が蛙を呑む」など、固体などを口に含み、噛まずに体内へ流し込む際に使われます。しかし、必ずしも固体に使われるわけではなく、粉末やカプセルタイプの薬などもそうですが、「酒を呑む」などの液体をがぶがぶとたくさんの量を「のむ」際、「要求を呑む」「雰囲気に呑まれる」「固唾を吞む」などの比喩表現にも使われます。

こう見ると、「飲む」と違いはあまりありませんが、「呑む」は「常用漢字」ではなく「表外漢字」です。そのため、日常生活で使われることはあっても、公的文書などで使われることはありません。

「飲む」と「呑む」の違いは何?まとめ

「飲む」と「呑む」の違いについて見ていきました。

言葉 意味
「飲む」 液体などを口に含み、噛まずに体内へ流し込む行為。「常用漢字」
「呑む」 固体などを口に含み、噛まずに体内へ流し込む行為。「表外漢字」

ぜひ、参考にされて見てください。

「思う」と「想う」の違いは何?「思う」と「想う」、漢字が違うだけでどちらも「おもう」と読みますが、この2つはその場面に応じて使い分けられているのをご存知でしょうか。 ...
「超える」と「越える」の違いは何?「超える」と「越える」は、読み方も「こえる」と同じ上に、漢字のへんも共通していおり、意味も似たような意味なので、使い分けが非常に難しいで...
「怖い」と「恐い」の違いは何?「怖い」と「恐い」、両者ともに「こわい」と読みますが、この2つの違いは何かご存知でしょうか。 意味に関しては何となく分かっていても...