違い

「寝る」と「眠る」の違いは何?

寝る」と「眠る」の違いは何かご存知でしょうか。言葉の違いだけでニュアンス的には一緒だと思われてしまいがちですが、「寝る」と「眠る」では意味が異なっています。

この記事で、「寝る」と「眠る」の違いについて見ていきましょう。

「寝る」と「眠る」の違い

「寝る」と「眠る」の違い

「寝る」と「眠る」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 寝る」:睡眠状態になること、体を横たえること
  • 眠る」:睡眠状態になること、心身の活動が一時的に休止し目を閉じて無意識の状態になること

「寝る」と「眠る」は同じ意味で使われることが多いですが、「寝る」は体勢に重きが置かれており、「眠る」は意識が無い状態そのものに重きが置かれています。「眠る」に関してはこの他にも「死んでいる」という意味で、また普段活用されていない物や能力にも比喩的に表現する際にも使われます。

「寝る」「眠る」とは

「寝る」「眠る」とは

「寝る」について詳しく

「寝る」とは睡眠状態になること、体を横たえることです。

「寝る」という言葉には「睡眠」という意識を手放して心身の活動を休止するという意味合いも含まれていますが、どちらかというと「体を横たえること」という点に重きが置かれており、そのように使われます。なので、「座ったまま寝る」「立ったまま寝る」という文章のようには本来「寝る」は使うことができません。

また、「寝転がる」などでも「寝る」が使われているように、「体を横たえること」が重要な点なので、睡眠状態であるかどうかはあまり関係がありません。

「寝る」の対義語は「起きる」なので、対義語から見ても、その動作に重きが置かれていることが分かります。

「眠る」について詳しく

「眠る」とは睡眠状態になること、心身の活動が一時的に休止し目を閉じて無意識の状態になることです。

対義語は「覚める」です。

「眠る」は「寝る」とは異なり、立っているのか、横になっているのか、座っているのか、という体勢に関わらず、睡眠状態であればどんな場合でも「眠る」を使うことができます。

また、この「動かないこと」「活動を休止している状態」という意味から派生して「死んでいる」という意味で使われることもあり、この他にも「眠っているお宝」「眠っていた力」などのように、普段活用されていない物や能力にも比喩的に表現する際にも「眠る」という言葉は使われます。

「寝る」と「眠る」の違いは何?まとめ

寝る 【意味】睡眠状態になること、体を横たえること
【備考】「体を横たえること」に重きが置かれているため、「座ったまま寝る」「立ったまま寝る」という文章はおかしい
眠る 【意味】睡眠状態になること、心身の活動が一時的に休止し目を閉じて無意識の状態になること
【備考】動かないこと」「活動を休止している状態」という意味から派生して「死んでいる」という意味、、普段活用されていない物や能力にも比喩的に「眠る」という言葉は使われる

「寝る」と「眠る」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「探す」と「捜す」の違いは何?「探す」と「捜す」の違いは何かご存知でしょうか。 どちらも何かを見つけるために努力するという意味で、また読み方も「さがす」で同じで...
「絞る」と「搾る」の違いは何?「絞る」と「搾る」の違いは何かご存知でしょうか。どちらも「しぼる」と読み、ほとんど共通した意味を持っていますが、たとえば「レモンをしぼる...
「交ざる」と「混ざる」の違いは何?「交ざる」と「混ざる」、どちらも「まざる」と読む言葉ですが、意外にも使い分けが難しくて迷ってしまうことがあります。 「男子の中に女...