違い

「念願」と「悲願」の違いは何?

念願」と「悲願」の違いは何かご存知でしょうか。どちらも何かを成し遂げたいという時に使われる言葉ですが、これらの使い分けとなるとかなり難しいですよね。

この記事で、「念願」と「悲願」の違いについて見ていきましょう。

「念願」と「悲願」の違い

「念願」と「悲願」の違い

「念願」と「悲願」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 念願」:それを成し遂げたいと長い期間常に心にかけて強く望むこと
  • 悲願」:それを是非とも成し遂げたいと思う悲壮な願いや望みのこと

どちらもそれを成し遂げたいという強い思いのことですが、「悲願」にはそこに悲壮感や悲しみといった感情が含まれています。そのため、意味合いとしては「念願」よりも「悲願」の方が強いです。

「念願」「悲願」とは

「念願」「悲願」とは

「念願」について詳しく

「念願」とはそれを成し遂げたいと長い期間常に心にかけて強く望むことです。

幼い頃に抱いた夢や、長い間心の中にあった願い、そういったものを成し遂げたい時に「念願」は使われます。「プロ野球選手になりたい」という夢や願いを持つ少年が大人になってプロ野球選手になった際、「念願のプロ野球選手になった」という使い方をします。

後述する「悲願」とは違い、そこにマイナスな意味合いは含まれていません。また、その夢や願いが叶わなかったとしてもあまりネガティブな感情は浮かばないという特徴もあります。

「悲願」について詳しく

「悲願」とはそれを是非とも成し遂げたいと思う悲壮な願いや望みのことです。

「念願」と意味が似ていますが、「悲願」にはそこに悲壮感、悲しみの感情が含まれています。「悲願の初優勝」などの使い方をよく聞きますが、これには、その学校が優勝を飾るまでに何度も何度も負けるという悲しみうや苦しみを経験してきているという意味合いが含まれています。

「悲願」はその願望を達成することができない場合にはマイナスやネガティブな感情を抱える可能性があり、自分の人生を懸けるような強い願望です。そのため、前述の「念願」よりも強い意味合いを持っています。

「念願」と「悲願」の違いは何?まとめ

念願 それを成し遂げたいと長い期間常に心にかけて強く望むこと。マイナスな意味合いは含まれていない
悲願 それを是非とも成し遂げたいと思う悲壮な願いや望みのこと。達成することができない場合にはマイナスやネガティブな感情を抱える可能性がある。「念願」よりも意味合いが強い

「念願」と「悲願」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「首席」と「主席」の違いは何?「首席」と「主席」の違いは何かご存知でしょうか。同じ意味に捉えてしまいがちなどちらも「しゅせき」と読む言葉ですが、意味は全く異なります。...
「検討」と「見当」の違いは何?何かを考えたり、推測したりすることを「検討」「見当」と言いますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。読み方が両者とも「けんとう」なので...
「解放」と「開放」の違いは何?「解放」と「開放」、どちらも「かいほう」と読みますが、この2つの違いは何かご存知でしょうか。 使い分けが難しいこれらの言葉ですが、...