違い

「夏日」と「真夏日」と「猛暑日」の違いは何?

夏日」と「真夏日」と「猛暑日」の違いは何かご存知でしょうか。昔はそうでもありませんでしたが、現在では夏になると、多くの地域で「猛暑日」を記録しており、熱中症に注意をしなければなりません。

この記事で、「夏日」と「真夏日」と「猛暑日」の違いについて見ていきましょう。

「夏日」と「真夏日」と「猛暑日」の違い

「夏日」と「真夏日」と「猛暑日」の違い

「夏日」と「真夏日」と「猛暑日」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 夏日」:その日の最高気温が25度以上の日
  • 真夏日」:その日の最高気温が30度以上の日
  • 猛暑日」:その日の最高気温が35度以上の日

「夏日」「真夏日」「猛暑日」はそれぞれ気象庁で定語がされており、「夏日」はその日の最高気温が25度以上、「真夏日」はその日の最高気温が30度以上、「猛暑日」はその日の最高気温が35度以上を指し、5度気温が上がる毎に呼称が変わります。

「夏日」「真夏日」「猛暑日」とは

「夏日」「真夏日」「猛暑日」とは

「夏日」について詳しく

「夏日」とはその日の最高気温が25度以上の日のことです。

地上の気温の測定方法に関しては世界気象機関(WHO)により定められており、地上から1.25〜2.0mの間の高さ(日本では1.5m)で、温度計に雨や雪、外気などが直接当たらないようにして測定することが定められています。また、極端に温度が高くなったり低くなったりしないように、熱源となるものの近くや木などの日陰にならないところ、風通しが良いところで測るのが望ましいとされています。

そして、上記のもので気温を計測し、その日の最高気温が25度以上の日を、気象庁では「夏日」と定義しています。

「真夏日」について詳しく

「真夏日」とはその日の最高気温が30度以上の日のことです。

近年では夏になると「真夏日」を観測する地域が多いため、こまめな水分補給、炎天下での長時間の活動は控える、扇風機やクーラーを使用して涼むなどの熱中症対策が大切です。

「猛暑日」について詳しく

「猛暑日」とはその日の最高気温が35度以上の日のことです。

昔は、気温が35度以上を超えることは少なかったため、「猛暑日」という呼称は気象庁では定義されていませんでしたが、年々気温が上昇し、最高気温が35度以上を超える日が多くなってきたことから、気象庁は2007年4月に新たに「猛暑日」という呼称を定義しました。

同じような言葉に「酷暑日」というものがあり、こちらもその日の最高気温が35度以上の日ことを指しますが、「酷暑日」に関しては一部のマスコミで使用された表現方法で、それが巡り巡って世間に定着していきました。公式か非公式かの違いです。そのため、テレビ番組などの天気予報では使用されない呼称です。

「夏日」と「真夏日」と「猛暑日」の違いは何?まとめ

「夏日」と「真夏日」と「猛暑日」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「夏日」 その日の最高気温が25度以上の日 地上の気温の測定方法に関しては世界気象機関(WHO)により定められており、地上から1.25〜2.0mの間の高さ(日本では1.5m)で、温度計に雨や雪、外気などが直接当たらないようにして測定することが定められている
「真夏日」 その日の最高気温が30度以上の日 なし
「猛暑日」 その日の最高気温が35度以上の日 昔は最高気温が35度以上になる日は少なかったため、この呼称はなかった

ぜひ、参考にされて見てください。

「熱中症」と「熱射病」と「日射病」の違いは何?猛暑日が続く中で、外で激しいスポーツをしてのはもちろんのこと、室内にいても熱中症などの症状によって救急搬送されるケースがあります。最悪の...
「天気」と「天候」と「気候」と「気象」の違いは何?普段ニュース番組をあまり見ないという方でも、天気予報を確認して今日や明日、1週間の「天気」を確認する方が多いと思います。現在はアプリなど...
「深夜」と「夜中」と「真夜中」と「未明」の違いは何?「夜」を表す言葉に「深夜」「夜中」「真夜中」「未明」などの言葉がありますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。ニュースなどの報道番組で...