違い

「慣れる」と「馴れる」の違いは何?

慣れる」と「馴れる」の違いは何かご存知でしょうか。どちらも「なれる」と読みますが、その意味は「慣れる」と「馴れる」で異なっています。

この記事で、「慣れる」と「馴れる」の違いについて見ていきましょう。

「慣れる」と「馴れる」の違い

「慣れる」と「馴れる」の違い

「慣れる」と「馴れる」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 慣れる」:経験を重ねて当たり前のように受け入れること、上手になること
  • 馴れる」:動物が人間に対して警戒心を持たなくなること、ある人物に対して警戒感が薄れ親しみを持ったりすること

「慣れる」と「馴れる」では根本的に意味が異なり、「慣れる」は経験を重ねて当たり前のように受け入れることや上手になること、「馴れる」は動物が人に懐くことであったり、ある人物に対して警戒感が薄れ親しみを持ったりすることです。

「慣れる」「馴れる」とは

「慣れる」「馴れる」とは

「慣れる」について詳しく

「慣れる」とは経験を重ねて当たり前のように受け入れること、上手になることです。

「慣れる」は、「叱られることに慣れた」「新しい環境に慣れた」などのように自分が経験を重ねることによってそれを当たり前のように受け入れることだったり、「手作業に慣れた」などのように経験を重ねることによって上手になることを指します。

「慣れる」という言葉は、主に経験に対して使われるのが特徴で、後述する「馴れる」との使い分けをする上でのポイントでもあります。また、「慣れる」の「慣」は「長い間繰り返すことにことによって当たり前になること」という意味の「習慣」などの熟語でも使われており、「慣」が使われている熟語や漢字を思い浮かべると使い分けがしやすいです。

「馴れる」について詳しく

「馴れる」とは動物が人間に対して警戒心を持たなくなること、ある人物に対して警戒感が薄れ親しみを持ったりすることです。

「馴」という漢字は、馬が流れる川に従って歩くように人に従うという意味を表しており、それによって「馴れる」は、「動物が人に懐く」という意味で、「野生の犬が人間に馴れる」というような使い方がされます。

しかし、元々このような意味で使われていた「馴れる」も、徐々に意味が広くなっていき、現在では人間に対しても使われるようになっています。接触の機会が増えるなどしてその人物に対して警戒心が薄くなったり、抵抗がなくなること、素直に言うことを聞くようになること、という意味などで使われるようになっています。

ただ、「馴」は「常用漢字」ではないため、公的な文書などでは使われません。「常用漢字」とは新聞や雑誌、役所などの公用文で一般的に使われるもので、社会における漢字の使用目安となる項目のことです。

「慣れる」と「馴れる」の違いは何?まとめ

慣れる 経験を重ねて当たり前のように受け入れること、上手になること。主に経験に対して使われるのが特徴
馴れる 動物が人間に対して警戒心を持たなくなること、ある人物に対して警戒感が薄れ親しみを持ったりすること。元々動物に対してのみだったが、徐々に意味が広がり、人間に対しても使うようになった

「慣れる」と「馴れる」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「測る」と「計る」と「量る」の違いは何?何かを計測したり、測量したりすることを簡単に「はかる」と言いますが、「はかる」には「測る」「計る」「量る」など、同じ読み方でも複数の漢字...
「思う」と「想う」の違いは何?「思う」と「想う」、漢字が違うだけでどちらも「おもう」と読みますが、この2つはその場面に応じて使い分けられているのをご存知でしょうか。 ...
「探す」と「捜す」の違いは何?「探す」と「捜す」の違いは何かご存知でしょうか。 どちらも何かを見つけるために努力するという意味で、また読み方も「さがす」で同じで...