違い

「名字」と「苗字」と「姓」と「氏」の違いは何?

私たちの名前には「佐藤」や「鈴木」と言った家名を表す「名字」というものがあります。

日本では同じ物を指した時に、その言葉を表すものが複数存在することはよくありますが、「名字」も同じで、「苗字」「」「」というもの違う呼び方のものが複数個あります。

これらの「名字」「苗字」「姓」「氏」の違いや使い分けの方法は何なのでしょうか。

この記事で、「名字」と「苗字」と「姓」と「氏」の違いについて見ていきましょう。

「名字」と「苗字」と「姓」と「氏」の違い

「名字」と「苗字」と「姓」と「氏」の違い

「名字」と「苗字」と「姓」と「氏」の違いは以下の通りです。

  • 「名字」「苗字」「姓」「氏」、基本的な意味は家の名前のことで同じ
  • 名字」:平安時代の頃から使われていた、「姓」だけでは「氏族」の細かい区別ができなくなったために使われるようになった。その成り立ちから土地や地域にちなんで名付けられる
  • 苗字」:江戸時代から使われていた、中国の子孫や末裔を意味する「苗裔(びょうえい)」が由来
  • 」:元々は、天皇が各氏族へ贈った役職や地位を表すもの
  • 」:共通の祖先を持つ同族の集団、氏族のこと

基本的な意味は、家の名前のことで同じですが、「名字」は地名に由来した呼び名を、「姓」は職掌や身分を、「氏」は血縁を意味しています。

「名字」「苗字」「姓」「氏」とは

「名字」「苗字」「姓」「氏」とは

「名字」について詳しく

「名字」とは家の名前のことです。

「名字」は平安時代の頃から使われていたとされており、後述する「姓」によって「氏族(同じ祖先から出た一門)」の違いを表していましたが、細かい区別ができなくなったために使われるようになりました。

当時、力をつけていた武士たちが所有している土地のことを「名田(みょうでん)」と言い、武士たちは所有権を主張するために「名田」のある地名を、もともと名乗っていた名前とは別に名乗り始めました。もともと名乗っていた名前は「字(あざな)」と言い、「名田」と合わさって「名字」という言葉ができました。

「名字」は上記の通り、土地や地域にちなんで名付けられるのが常です。

「名字」は常用漢字なので、同じ読み方でこちらの「苗字」もありますが、公用文などではこちらが使われます。

「苗字」について詳しく

「苗字」とは家の名前のことです。基本的な意味は「名字」と同じです。

「苗字」は江戸時代の頃から使われていたとされており、「苗」という文字は、中国の古典などに使われている子孫や末裔を意味する「苗裔(びょうえい)」が由来し、家の血統が代々続くようにという意味をこめて、「苗」が当てられたとされています。

江戸時代が過ぎ、明治時代でも使われていましたが、戦後に「苗」という漢字が常用漢字から外されると、公用文などでは使えなくなり、世間一般でも徐々に使われなくなりました。

「姓」について詳しく

「姓」とは家の名前のことです。

せい」もしくは「かばね」と読み、基本的には「名字」「苗字」と同じです。

今では家の名前のことを意味していますが、元々「姓」とは天皇が各氏族へ贈った役職や地位を表すものでした。「公(きみ)」「君(きみ)」「臣(おみ)」「連(むらじ)」などがそれに当たります。

「氏」について詳しく

「氏」とは家の名前のことです。

基本的な意味は、これまで出てきた「名字」「苗字」「姓」と同じです。

今では家の名前のことを意味していますが、共通の祖先を持つ同族の集団、氏族のことも指します。

「名字」と「苗字」と「姓」と「氏」の違いは何?まとめ

「名字」と「苗字」と「姓」と「氏」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 「名字」「苗字」「姓」「氏」、基本的な意味は家の名前のことで同じ
  • 名字」:平安時代の頃から使われていた、「姓」だけでは「氏族」の細かい区別ができなくなったために使われるようになった。その成り立ちから土地や地域にちなんで名付けられる
  • 苗字」:江戸時代から使われていた、中国の子孫や末裔を意味する「苗裔(びょうえい)」が由来
  • 」:元々は、天皇が各氏族へ贈った役職や地位を表すもの
  • 」:共通の祖先を持つ同族の集団、氏族のこと

現在では基本的な意味は同じですが、「名字」「苗字」「姓」「氏」にはこのような違いがあります。ぜひ、参考にされて見てください。