違い

「もつ」と「ホルモン」の違いは何?

この世界には、様々な料理、食材がありますが、似たようなものや似通ったものが数多くありますよね。その中でも「もつ」と「ホルモン」はこれに当てはまり、これらの違いは何かご存知でしょうか。また、「もつ」や「ホルモン」が何なのか知らないという方も、中にはいるのではないかと思います。

この記事で、「もつ」と「ホルモン」の違いについて見ていきましょう。

「もつ」と「ホルモン」の違い

「もつ」と「ホルモン」の違い

「もつ」と「ホルモン」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • もつ」:牛、豚、鶏など内臓肉のことで、主に関東地方、鍋や煮込み料理などで使われる呼称
  • ホルモン」:基本的に「もつ」と同じ意味ですが、一般的には牛や豚の腸のことを指す。主に関西地方を中心に使われる

基本的に同じですが、一般的には、「もつ」は牛、豚、鶏など内臓の総称、「ホルモン」は牛や豚の腸のことを指します。

「もつ」「ホルモン」とは

「もつ」「ホルモン」とは

「もつ」について詳しく

「もつ」とは牛、豚、鶏など内臓肉のことで、主に関東地方、鍋や煮込み料理などで使われる呼称です。

後述する「ホルモン」とも呼ばれる他、「内臓肉」「バラエティミート」「ファンシーミート」などと呼ばれることもあります。「もつ」は全国的に使われることが多い呼称ですが、主に関東地方を中心に使われ、鍋や煮込み料理などで使われているのが目立ちます。

「もつ」の語源は「臓物」で、この「臓物」を省略したものです。なので、広義では臓物全般のことを指しますが、狭義では腸、その中でも小腸を指すことが多いです。

「ホルモン」について詳しく

「ホルモン」とは基本的に「もつ」と同じ意味ですが、一般的には牛や豚の腸のことです。

基本的な意味は「もつ」と同じですが、一般的には牛や豚の腸のことを指し、鶏の内臓を指すことはありません。

「ホルモン」の語源は関西地方にあり、昔は正肉以外の腸や皮などの、今では当たり前のように食している部位は全て廃棄されており、捨てるものという意味の「放るもん」から転じて「ホルモン」と呼ばれるようになったと言われています。なので、「ホルモン」は関西地方を中心に使われることが多い呼称です。

また「もつ」は主に鍋や煮込み料理などで使われますが、「ホルモン」は主に焼肉などで使われることが多い呼称です。焼肉で「ホルモン」という呼称が使われるのは、同じ内臓の中でも「レバー」や「ハツ」といった部位と分けて表現するためだと言われています。

「もつ」と「ホルモン」の違いは何?まとめ

もつ 【意味】牛、豚、鶏など内臓肉のことで、主に関東地方、鍋や煮込み料理などで使われる呼称
【備考】「もつ」の語源は「臓物」で、この「臓物」を省略したもの
ホルモン 【意味】基本的に「もつ」と同じ意味だが、一般的には牛や豚の腸のことを指す。主に関西地方を中心に使われる
【備考】昔は正肉以外の腸や皮などの、今では当たり前のように食している部位は全て廃棄されており、捨てるものという意味の「放るもん」から転じて「ホルモン」と呼ばれるようになった

「もつ」と「ホルモン」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「やきとり」と「焼き鳥」の違いは何?「やきとり」と「焼き鳥」の違いは何かご存知でしょうか。 「やきとり」と「焼き鳥」で平仮名表記か、漢字表記かの違いだけで、そこに意味...
「ツナ」と「シーチキン」の違いは何?「ツナ」と「シーチキン」の違いは何かご存知でしょうか。「サラダ」や「おにぎり」の具材など、何かと使われることが多いこれらの食品は、呼び方...
「唐揚げ」と「フライドチキン」の違いは何?鶏肉を使った「唐揚げ」「フライドチキン」などの料理は、大人から子どもまで、幅広い世代に人気ですよね。 しかし、この2つはとても人気...