違い

「木材」と「材木」の違いは何?

日本語には、構成している漢字が全く同じものでも、その漢字の位置が逆になると意味が異なる熟語がいくつかあります。一見すると同じような意味に思えても、実際には意味が異なるものもあります。「木材」と「材木」もそのうちの1つです。

同じような意味に思われてしまいがちですが、「木材」と「材木」では意味が若干異なります。

この記事で、「木材」と「材木」の違いについて見ていきましょう。

「木材」と「材木」の違い

「木材」と「材木」の違い

「木材」と「材木」の違いは以下の通りです。

  • 木材」:様々な原料・材料として用いられる木。より原木の状態に近いものを指すことが多い
  • 材木」:様々な原料・材料として用いられる木。より製品に近いものを指すことが多い

基本的な意味は変わりませんが、「木材」はより原木に近い状態のもの、「材木」は加工されたものや、より製品に近い状態のものを指すことが多いです。

「木材」「材木」とは

「木材」「材木」とは

「木材」について詳しく

「木材」とは様々な原料・材料として用いられる木のことを指します。

「木材」の意味は基本的に上記のものであり、後述する「材木」に関しても、樹木を切断し、建築物・工作物などの材料として使えるようにしたものと、「木材」との違いは特に記載されておらず、「木材」と「材木」は置き換えが可能な言葉となっています。

しかし、「木材」はその中でもより原木に近い状態のもの、単に切り出しただけのもの、樹皮を剥いで丸太の状態にしたものなどを指すことが多いです。これに伴って山により近い位置にあるお店ほど、加工が施されていないものが置いてある場合が多いので、「材木店」ではなく「木材店」という屋号を使うことが多いです。

「材木」について詳しく

「材木」とは様々な原料・材料として用いられる木のことを指します。

基本的な意味は前述の通り、「木材」と変わりませんが、「材木」はその中でも加工が施されたもの、より製品に近いものを指すことが多いです。角材や板など、その目的によって製材され、仕事やDIYなどですぐに使えるものを指して「材木」と言います。

それに伴い、普段私たちがホームセンターなどで見るものは「材木」がほとんどで、屋号も「材木店」を使うことが多いです。

「木材」と「材木」の違いは何?まとめ

「木材」と「材木」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 木材」:様々な原料・材料として用いられる木。より原木の状態に近いものを指すことが多い
  • 材木」:様々な原料・材料として用いられる木。より製品に近いものを指すことが多い

「木材」はより原木に近い状態のもの、「材木」は加工されたものや、より製品に近い状態のものとして使い分けがされます。構成している漢字を逆にしても、意味が大体同じになるものが多いですが、「木材」と「材木」では意味が若干異なります。ぜひ、参考にされて見てください。

「原料」と「材料」と「原材料」と「素材」の違いは何?何か物を作るときにはその元となるものが必要になります。 その元となるもののことを「原料」や「材料」「原材料」「素材」と言いますが、...
「修理」と「修繕」と「修復」と「補修」の違いは何?何が壊れてしまったり故障してしまったときには、それを直すという作業をしますが、その作業を表す言葉として「修理」「修繕」「修復」「補修」の...
「作る」と「造る」と「創る」の違いは何?「作る」「造る」「創る」、どれも何かに手を加えて、新たなものを生み出すときに使われる言葉ですが、これらは何が違うのかご存知でしょうか。 ...