違い

「晦日」と「大晦日」の違いは何?

晦日」と「大晦日」の違いは何かご存知でしょうか。

「晦日」と「大晦日」の違い

「晦日」と「大晦日」の違い

「晦日」と「大晦日」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 晦日」:その月の末の日のこと
  • 大晦日」:1年の最終月の最終日、12月31日のこと

「晦日」は月に関わらずその末日のこと、「大晦日」は1年の最終月の最終日である12月31日のことです。「晦日」は「大晦日」の意味は含みませんが、「大晦日」は「晦日」でもあります。

「晦日」「大晦日」とは

「晦日」「大晦日」とは

「晦日」について詳しく

「晦日」とはその月の末の日のことです。

みそか」と読むのが一般的ですが、他にも「かいじつ」や「つごもり」とも読まれます。「かいじつ」は「晦日」の音読みを、「つごもり」は陰暦では月が隠れる頃が月末であることから「月隠り」が変化したものを、それぞれ表しています。

「晦日」はその月の30番目の日という意味を持つ「三十日(みそか)」から変化したもので、本来であればその月の30番目の日にしか使うことはできませんが、現在では月の日付に関係なく、28日や30日という日付で終わっても、その月の末の日であれば「晦日」と言います。

「大晦日」について詳しく

「大晦日」とは1年の最終月の最終日、12月31日のことです。

「大晦日」は「おおみそか」と呼ぶのが一般的ですが、「おおつごもり」と呼ばれることもあります。ただ、「晦日」の「かいじつ」のように「おおかいじつ」とは読みません。

「大晦日」はその月の末の日のことという意味を持つ「晦日」に、1年の最終月という意味を表す「大」を冠して「大晦日」という呼称になりました。「大晦日」の夜には歳神様をお迎えするために、一晩中寝ずに起きておくという慣習があり、「大晦日」に一晩中起きていても良いというのは、この辺りから由来しています。

また、「大晦日」の前日である12月30日のことを「小晦日(こみそか)」と言います。

「晦日」と「大晦日」の違いは何?まとめ

晦日 【意味】その月の末の日のこと
【備考】の月の30番目の日という意味を持つ「三十日(みそか)」から変化したものだが、現在では順番に関わらず使われている
大晦日 【意味】1年の最終月の最終日、12月31日のこと
【備考】「大晦日」の前日である12月30日のことを「小晦日(こみそか)」と言う

「晦日」と「大晦日」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「義援金」と「支援金」の違いは何?日本は災害大国と言われるくらいに災害がとても身近にあります。いつ起こるか分からない災害に対して、日頃から備えることもとても大切な事ですが...
「列車」と「電車」の違いは何?普段から「列車」や「電車」を使って通勤や通学をしている方は多いと思いますが、この「列車」と「電車」の違いは何かご存知でしょうか。普段から...
「延期」と「延長」の違いは何?物事の予定を先送りにしたり、先に伸ばしたりすることを「延期」「延長」などという言葉で表しますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。似た...