違い

「回り」と「周り」と「廻り」の違いは何?

この記事では、「回り」と「周り」と「廻り」の違いについて見ていきます。

「回り」と「周り」と「廻り」の違い

「回り」と「周り」と「廻り」の違い

「回り」と「周り」と「廻り」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 回り」:回転すること、巡ること。「動詞」として使われる。「常用漢字」
  • 周り」:あるものを起点にそれを取り巻いている物や状況のこと。「名詞」として使われる
  • 廻り」:回転すること、巡ること。「動詞」として使われる。「常用漢字」ではない

「回り」と「廻り」の基本的な意味は同じですが、「常用漢字」とそうでないかという違いから、「廻り」はあまり使われません。「周り」は主に名詞として使われます。

「回り」に関しては上記の意味以外にも複数の意味があり、使い分けをする際はその点と、「名詞」「動詞」の点に注意すると使い分けがしやすいと思います。

「回り」「周り」「廻り」とは

「回り」「周り」「廻り」とは

「回り」について詳しく

「回り」とは回転すること、巡ることです。

後述する「周り」と混同される事が多いですが、「回り」はあるものが回転したり、巡ることを指し、基本的に「動詞」として使われます。この「動詞」で使われるという点が「周り」との大きな違いとなっています。

「回り」はこの他にも、「首回り」「腰回り」などの「自分の手が届く範囲にあるものの周辺」、「水回り」などの「それに関連する事柄」、「遠回り」「回り道」などの「目的地へ行くのに他の地点を通る事」、「一回り成長した」などの「物の数値や量などを漠然と比べる事」など、多くの意味で使われています。

意味が多い「回り」ですが、「周り」にこのような意味合いで使われることは少ないです。また「回」は「常用漢字」となっており、後述する「廻」とは意味が共通していますが、公文書などではこちらの「回」が使われます。「常用漢字」とは新聞や雑誌、役所などの公用文で一般的に使われるもので、社会における漢字の使用目安となる項目のことです。

「周り」について詳しく

「周り」とはあるものを起点にそれを取り巻いている物や状況のことです。

「周り」はあるものを中心として、「それを取り巻く周囲の環境や状況」「何かの外側や近く」、と言った意味があり、主に「名詞」として使われます。「池の周りを歩く」「周りの人に迷惑がかからないようにする」などですね。

「首回り」「腰回り」などは「周り」を使うのが適当に思えますが、「周り」は比較的大きなものに対して使われるため、また「回り」には「自分の手が届く範囲にあるものの周辺」というような意味合いもあるために「回り」が使われています。

「廻り」について詳しく

「廻り」とは回転すること、巡ることです。

「廻り」は、「回」に「移動」を意味する部首である「えんにょう」を付加したもので、基本的な意味は「回り」と変わりません。ただし、「移動」という動作部分が強調された漢字なので、その動作を強調したい場合にはこちらが使われます。

ただ、「廻」という漢字は「常用漢字」ではないため、一般的に使われることは少ないです。

「回り」と「周り」と「廻り」の違いは何?まとめ

回り 意味】回転すること、巡ること
備考】「常用漢字」。上記の意味以外にも「自分の手が届く範囲にあるものの周辺」「それに関連する事柄」「目的地へ行くのに他の地点を通る事」「物の数値や量などを漠然と比べる事」など、多くの意味がある
周り 意味】あるものを起点にそれを取り巻いている物や状況のこと
備考】主に「名詞」として使われる。比較的大きなものに対して使われる
廻り 意味】回転すること、巡ること
備考】「常用漢字」ではない。一般的に使われることは少ない

「回り」と「周り」と「廻り」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「マナー」と「エチケット」の違いは何?この記事では、「マナー」と「エチケット」の違いについて見ていきます。 「マナー」と「エチケット」の違い 「マナー」と「エ...
「押印」と「捺印」と「押捺」の違いは何?この記事では、「押印」と「捺印」と「押捺」の違いについて見ていきます。 「押印」と「捺印」と「押捺」の違い 「押印」と「...
「記入」と「記載」と「記述」の違いは何?書類やプリントなどに書き記すことを「記入」「記載」「記述」などと言いますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。 同じような意味を...