違い

「マナー」と「エチケット」の違いは何?

「礼儀」「作法」などの意味がある「マナー」「エチケット」の2つ言葉。これらの違いは何かご存知でしょうか。いずれも似たような意味を持っているために混同して使ってしまいがちですが、それぞれにしっかりと意味がありその言葉ごとに使い分けがされています。

この記事で、「マナー」と「エチケット」の違いについて見ていきましょう。

「マナー」と「エチケット」の違い

「マナー」と「エチケット」の違い

「マナー」と「エチケット」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • マナー」:公共の場において、社会的に相応しい・望ましい礼儀作法や気遣いのこと
  • エチケット」:個人に対しての社会的に相応しい・望ましい礼儀作法や気遣いのこと

「マナー」と「エチケット」、両者とも「礼儀作法」や「気遣い」という意味がありますが、一般的には「マナー」が公共の場、「エチケット」が個人に対してと範囲の違いで使い分けがされます。

「マナー」「エチケット」とは

「マナー」「エチケット」とは

「マナー」について詳しく

「マナー」とは公共の場において、社会的に相応しい・望ましい礼儀作法や気遣いのことを指します。

英語では「manners」と表記し、日本語では「行儀」「礼儀作法」と言った意味があります。

後述する「エチケット」と似ていますが、行動全般を指して「マナー」というので「エチケット」よりもその範囲が広いです。主な使い方として「テーブルマナー」「交通マナー」「ビジネスマナー」などがあります。

「ルール」違反にならない範囲であれば、「マナー」を守らなくても特に罰則が与えられることはありませんが、「マナー違反」として周りの方々に迷惑を掛けてしまうので、その場ではどんな行動が適切なのか事前に知っておくことが大切です。

「エチケット」について詳しく

「エチケット」とは個人に対しての社会的に相応しい・望ましい礼儀作法や気遣いのことを指します。

「エチケット」はフランス語で「etiquette」、「マナー」と同じく「行儀」「礼儀作法」と言った意味があります。

「マナー」と「エチケット」は日本語に直すと「行儀」「礼儀作法」と同じ意味がありますが、一般的には「マナー」が公共の場、「エチケット」が個人に対してと範囲の違いで使い分けがされます。使い方として「エチケット袋」「口臭のエチケット」などがあり、髪型や服装など、主に身だしなみに関して使われることが多いです。

「エチケット」も「ルール」違反にならない範囲であれば、守らなくても特に罰則が与えられることはありません。

また、昨今のインターネット情勢から、インターネットの中でも「エチケット」が大切となっており、「インターネット」と「エチケット」が組み合わさってできた「ネチケット」という造語もあります。

「マナー」と「エチケット」の違いは何?まとめ

「マナー」と「エチケット」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「マナー」 公共の場において、社会的に相応しい・望ましい礼儀作法や気遣い 行動全般を指して「マナー」というために「エチケット」よりもその範囲が広い
「エチケット」 個人に対しての社会的に相応しい・望ましい礼儀作法や気遣い 「インターネット」と「エチケット」が組み合わさってできた「ネチケット」という造語がある

「マナー」と「エチケット」、どちらも周りに対しての気遣いであることに変わりありませんが、その範囲によって使い分けがされています。ぜひ、参考にされて見てください。

「ウェイター」と「ウェイトレス」の違いは何?レストランや喫茶店などで接客を担当する方のことを「ウェイター」「ウェイトレス」と言いますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。どちらも...
「ピリオド」と「ドット」の違いは何?「.」←皆さんはこの黒い点のことを何と呼ぶでしょうか。人によって異なりますが、「ピリオド」もしくは「ドット」のどちらかで呼ぶと思います。...
「アルバイト」と「パート」の違いは何?「パート」「アルバイト」募集などの看板や求人票などをよく見かけますが、「アルバイト」と「パート」は何が違うのでしょうか。 勝手なイ...