違い

「寂しい」と「淋しい」の違いは何?

寂しい」と「淋しい」、どちらも心細く感じる・孤独感などを感じる時に使われる言葉ですが、この使い分けで困ったことはないでしょうか。

あまり区別がされずに使われていますが、漢字が違うということからそこには何か違いがあるのではないかと思いますよね。

この記事で「寂しい」と「淋しい」の違いは何なのか、気になる使い分けについて見ていきましょう。

「寂しい」と「淋しい」の意味は同じ

「寂しい」と「淋しい」の意味は同じ

「寂しい」と「淋しい」、どちらも心が満たされずにもの悲しい様子や、心細い時などに使われる言葉で漢字が違うだけで意味は全く同じの言葉です。

「寂しい」と「淋しい」どちらも「さびしい」「さみしい」の2つの読み方を持っています。

なのでどちらを使っても間違いということは無いようです。

ただ「寂しい」と「淋しい」の内、「寂しい」は常用漢字と言って法令,公用文書,新聞,雑誌,放送など,一般の社会生活において,現代の国語を書き表す場合の漢字使用の目安の際に使われるもので、教科書や新聞を覗いてみても「淋しい」は使われずに「寂しい」が使われます。

一般的には「寂しい」と「淋しい」の意味に違いはなく、どちらを使っても特段問題はありませんが、迷った際には常用漢字である「寂しい」の方の「さびしい」を使えば問題はないです。公的な場面では「寂しい」を、それ以外では「淋しい」を使うという方法もできますが、解答の際には気をつけてくださいね。

「寂しい」と「淋しい」の違い

「寂しい」と「淋しい」の違い

常用漢字か表外漢字か

前述のように「寂しい」に関しては常用漢字、「淋しい」に関しては表外漢字、という違いがあります。

常用漢字である「寂しい」は法令,公用文書,新聞,雑誌,放送など,一般の社会生活において,現代の国語を書き表す場合の漢字使用の目安の際に使われるもので、一般的に使われることが多いです。

表外漢字である「淋しい」を使っても間違いという訳でありませんが、学校の国語のテストなどの解答の際には「寂しい」を使わないと間違いになる場合があります。

また常用漢字表では読み方は「さびしい」のみで、「さみしい」という読み方はありません。

「寂しい」は状況や情景を表す時に使う

「寂しい」と「淋しい」の明確な違いは常用漢字か表外漢字か、という違いはあるものの明確な使い分けはされていません。しかし、実際にはこのような使い分けがされています。

「寂しい」は状況や情景がもの悲しいとき、客観的に見て「さびしさ」がある時に使われることが多いようです。

「寂しい」の「寂」という漢字を使った言葉には静かな状況を表す「静寂」や、質素や静かな様子を表す「侘び寂び」と言ったものがあります。この辺りからも何となく使い分けについて見えてきますね。

「淋しい」は主観的な時に使う

「寂しい」は客観的に見て判断しますが、「淋しい」に関しては主観的に判断して使うことが多いようです。

「淋しい」の「淋」の語源は、木立から絶え間なく滴る水から来ており、それから連想する「」から「淋しい」という字が当てられています。本来の「淋」という字には孤独感やもの悲しい様子などと言った意味はなく、水が滴るや水を注ぐなどの意味があります。

そしてそんな「淋しい」は「涙」が出るほど・浮かぶほどの悲しい出来事が起こったとき、つまりは主観的な時に使われます。

「寂しい」と「淋しい」の違いは何?まとめ

「寂しい」と「淋しい」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 意味に違いはなく、常用漢字か表外漢字かの違いがある
  • 「寂しい」は状況や情景、客観的、「淋しい」は涙が出るくらい悲しい、主観的にという使い分けがされることが多い
  • 迷った時は常用漢字である「寂しい」

「寂しい」と「淋しい」の意味は基本的に同じですが、常用漢字か表外漢字か、客観的か主観的かで使い分けがされる場合があります。ぜひ、参考にされて見てください。

「記入」と「記載」と「記述」の違いは何?書類やプリントなどに書き記すことを「記入」「記載」「記述」などと言いますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。 同じような意味を...
「納める」と「収める」と「修める」と「治める」の違いは何?「おさめる」という言葉には「納める」「収める」「修める」「治める」などの複数個の漢字の表し方があります。 こんなにもあると、いざ書...
「生かす」と「活かす」の違いは何?「いかす」という言葉には、「生かす」と「活かす」この2つでの漢字の表し方がありますが、これらの違いは何なのか気になったことはないでしょう...