違い

「去年」と「昨年」と「前年」の違いは何?

日本語には似たような意味の言葉が数多く存在します。ここで紹介する「去年」「昨年」「前年」という言葉もそうですね。同じような意味で使っていても、実際には大きな違いがあるという事があるので、それぞれの意味をしっかりと理解して使い分けをしていきたいところです。

この記事で、「去年」と「昨年」と「前年」の違いについて見ていきましょう。

「去年」と「昨年」と「前年」の違い

「去年」と「昨年」と「前年」の違い

「去年」と「昨年」と「前年」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 去年」:「今年」の前の年のことで、日常生活において話し言葉としてよく使われる言葉
  • 昨年」:「今年」の前の年のことで、「去年」よりも改まった表現
  • 前年」:ある年・基準となる年の前の年

「去年」と「昨年」は「今年」の前の年のこと、「前年」は基準となる年の前の年です。「去年」と「昨年」は意味は同じですが、「昨年」はより改まった表現です。

「去年」「昨年」「前年」とは

「去年」「昨年」「前年」とは

「去年」について詳しく

「去年」とは「今年」の前の年のことで、日常生活において話し言葉としてよく使われる言葉です。

「去年」は「今年」の前の年のことですが、その中でも日常生活や、親しい間柄にある人、友人や家族との間で主に使われる話し言葉です。

対義語は「来年」で、「今年」の2年前の年のことを「去去年(きょきょねん)」と言います。

日常生活で使われる言葉なので、目上の人との会話や畏った場面では使わない方が良いです。また、「去年」という言葉は「忌み言葉」と言って、「去る」という言葉が含まれているために死や別れを連想させるということから、年賀状や結婚式においては避けられている言葉でもあります。

おめでたい場面でも同様に使わないようにしましょう。

「昨年」について詳しく

「昨年」とは「今年」の前の年のことで、「去年」よりも改まった表現です。

「昨年」は「去年」と同じく「今年」の前の年のこと、という意味ですが、「去年」よりも改まった表現です。

対義語は「明年(みょうねん)」、「今年」の2年前の年のことを「一昨年(おととし)」と言います。

「昨年」は改まった表現なので、目上の人との会話や畏った場面、文章などでは「昨年」を使った方が良いです。「去年」のように「忌み言葉」というわけではないので、おめでたい場面でも同様に使う事ができます。

「前年」について詳しく

「前年」とはある年・基準となる年の前の年のことです。

「前年」は基準となる年の前の年のことで、「前年」の対義語は「翌年」です。

「前年」は基準となる年の前の年のことなので、基準となる年が「今年」で、その前年という場合もありますが、基準となる年が2年前、3年前と基準が異なる場合があります。「前年」という表現は、「前年比〇〇%」「前年と比べて~」などのように、多くは会社の業績などを比較する際に使われます。

「去年」と「昨年」と「前年」の違いは何?まとめ

「去年」と「昨年」と「前年」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「去年」 「今年」の前の年のことで、日常生活において話し言葉としてよく使われる言葉 対義語は「来年」。「去」という漢字は「忌み言葉」なため、祝いの席などでは使用は控えた方が良い
「昨年」 「今年」の前の年のことで、「去年」よりも改まった表現 対義語は「明年(みょうねん)」。目上の人との会話や畏った場面、文章などでは「昨年」を使った方が良い
「前年」 ある年・基準となる年の前の年 対義語は「翌年」。会社の業績などを比較する際によく使われる

似たような意味の言葉でも、実際に見てみると大きな違いがありました。意味をしっかりと理解して使い分けをしていきたいですね。ぜひ、参考にされて見てください。

「来週」と「次週」と「翌週」の違いは何?次の週を表す言葉として「来週」「次週」「翌週」の3つがありますが、これらは何が違うのかご存知でしょうか。どれも同じ意味じゃないの?と思わ...
「修理」と「修繕」と「修復」と「補修」の違いは何?何が壊れてしまったり故障してしまったときには、それを直すという作業をしますが、その作業を表す言葉として「修理」「修繕」「修復」「補修」の...
「元日」と「元旦」と「お正月」の違いは何?1月になり新たな年を迎えると「元日」「元旦」「お正月」の言葉を聞く機会が増えますが、これらの違いは何なのかご存知でしょうか。 これ...