違い

「許可」と「認可」の違いは何?

何かの許しを得ることを「許可」と言いますが、同じような言葉で「認可」というものがあります。似たような意味を持つ言葉なので、この2つにどんな違いがあるのか、その使い分けはどんなものなのか、とても気になりますよね。日本語には、似たような意味を持つ言葉が数多くあるので、こういったものの使い分けで迷ってしまうことがとても多いです。

この記事で、「許可」と「認可」の違いについて見ていきましょう。

「許可」と「認可」の違い

「許可」と「認可」の違い

「許可」と「認可」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 許可」:願いを聞き入れてその行為や行動を許すこと、法令によって一般的に禁止されている行為を行政が適宜解除する行為のこと
  • 認可」:願いを認めて許可すること、何らかの行為に対して行政の同意が得られなければ成立しない場合にその行為を法律上有効にさせる行政行為のこと

基本的な意味に違いはありませんが、「許可」と「認可」では行政上では大きな違いがあります。

「許可」「認可」とは

「許可」「認可」とは

「許可」について詳しく

「許可」とは願いを聞き入れてその行為や行動を許すこと、法令によって一般的に禁止されている行為を行政が適宜解除する行為のことです。

「許可」という言葉は願いを聞き入れてその行為や行動を許すことを意味し、後述する「認可」もそのように使われることが多いですが、行政が与える「許可」については、後述する「認可」とは意味に大きな違いがあります。

行政においての「許可」は、生活の安全や秩序を守る点から、法令によって禁止されていた行為を、行政が特定の条件の下でそれを適宜解除する行為を指します。船や自動車、飛行機などは、免許が無ければ運転することは出来ず、その禁止を解除するために行政の管理の下、免許という形で「許可」が必要となっています。

そのため、「許可」を得ていないと、基本的に罰則の対象となります。

「認可」について詳しく

「認可」とは願いを認めて許可すること、何らかの行為に対して行政の同意が得られなければ成立しない場合にその行為を法律上有効に完成させる行政行為のことです。

基本的な意味に関しては「許可」も「認可」も同じですが、行政上ではその意味が大きく異なります。

行政上の「認可」は、何らかの行為に対して行政の同意が得られなければ成立しない場合に、その行為を法律上有効にさせる行政行為を指します。「認可」の申請があった場合には、行政はその当事者が必要とする要件を満たしていると認めれば「認可」を行い、意図的に「認可」を行わないことは認められていません。学校や保育所の設立、公共料金の値上げなど、具体的にはこのようなものがあります。

また、「許可」は得ていないと罰則の対象となりますが、「認可」は禁止されている行為を許すという行為ではないため、処罰を受けることは原則的にありません。

「許可」と「認可」の違いは何?まとめ

「許可」と「認可」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「許可」 願いを聞き入れてその行為や行動を許すこと、法令によって一般的に禁止されている行為を行政が適宜解除する行為 破ると罰則がある
「認可」 願いを認めて許可すること、何らかの行為に対して行政の同意が得られなければ成立しない場合にその行為を法律上有効に完成させる行政行為 破っても原則罰則はない

ぜひ、参考にされて見てください。

「一人」と「独り」の違いは何?「ひとり」という言葉には、「一人」と「独り」の2種類の漢字を充てることが出来ますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。基本的な意味に違...
「畳」と「帖」と「平米」の違いは何?アパートやマンションなどの間取りを見ると「5畳」と「10帖」という表記で、その部屋の広さが表されます。これの大小でその部屋がどんなものか...
「冒険」と「探検」の違いは何?未知の世界を調べるというような意味を持つ言葉に「冒険」と「探検」という言葉がありますが、これらの違いはご存知でしょうか。 言葉が違...