違い

「降水量」と「降雨量」の違いは何?

降水量」と「降雨量」の違いは何かご存知でしょうか。雨がよく降る梅雨の時期になると、こういった言葉に敏感になりますが、似たような言葉なので、どういった違いがあるのか気になりますよね。

この記事で、「降水量」と「降雨量」の違いについて見ていきましょう。

「降水量」と「降雨量」の違い

「降水量」と「降雨量」の違い

「降水量」と「降雨量」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 降水量」:空から降った雨などの水分が、地面に染み込んだり、蒸発したり、どこかへ流れて行かずに、そのまま溜まった場合の水の深さ
  • 降雨量」:雨の量のこと、「あられ」「ひょう」「みぞれ」「雪」が含まない「雨」のみの「降水量」

「降水量」は空から降り溜まった水分の深さ、「降雨量」は雨のみの深さを表しています。総称か、単一の者を指すかの違いがあります。

「降水量」「降雨量」とは

「降水量」「降雨量」とは

「降水量」について詳しく

「降水量」とは空から降った雨などの水分が、地面に染み込んだり、蒸発したり、どこかへ流れて行かずに、そのまま溜まった場合の水の深さのことを指します。

「降水量」は「mm(ミリメートル)」の単位で表されます。

「降水量」は、雨量計によって0.5mm単位で計測されており、10分間「降水量」、1時間「降水量」として一定の時間に降った雨の量を表します。アメダスのページでは1時間あたりの「降水量」を表しており、13時の「降水量」の場合は、12時から13時までの間の「降水量」を示しています。

空から降った雨などの水分なので、「雨」だけでなく「あられ」「ひょう」「みぞれ」「」なども、「降水量」として換算されます。

「降雨量」について詳しく

「降雨量」とは雨の量のこと、「あられ」「ひょう」「みぞれ」「雪」が含まない「雨」のみの「降水量」のことを指します。

「降水量」は「雨」だけでなく「あられ」「ひょう」「みぞれ」「雪」も含みますが、「降雨量」は「雨」のみです。ただし、「降雨量」は正式な気象用語ではないため、天気予報などではあまり使用されることはありません。特に「雨」という予報を強調したいときに使われます。

また、「雪」のみの場合は「降雪量」と言い、「雪」を何らかの方法によって溶かして、水にして計測をします。

「降水量」と「降雨量」の違いは何?まとめ

「降水量」と「降雨量」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「降水量」 空から降った雨などの水分が、地面に染み込んだり、蒸発したり、どこかへ流れて行かずに、そのまま溜まった場合の水の深さのこと 「雨」だけでなく「あられ」「ひょう」「みぞれ」「雪」も含む
「降雨量」 雨の量のこと、「あられ」「ひょう」「みぞれ」「雪」が含まない「雨」のみの「降水量」のこと 「雨」のみ

ぜひ、参考にされて見てください。

「大雨」と「豪雨」の違いは何?大気が不安定になると、突然の「大雨」や「豪雨」に見舞われてしまうので、暑い日は特に、それらに備えた準備が必要になっていきます。ただ、ここ...
「高潮」と「高波」と「津波」の違いは何?「高潮」と「高波」と「津波」の違いは何かご存知でしょうか。どれも危険なものには変わりありませんが、具体的な違いとなると難しいところです。...
「台風」と「タイフーン」と「ハリケーン」と「サイクロン 」と「トルネード」の違いは何?ニュースや新聞などで「台風」「タイフーン」「ハリケーン」「サイクロン」「トルネード」などの様々な呼び方を耳にします。 どれも熱帯低...