違い

「航空機」と「飛行機」の違いは何?

この記事では、「航空機」と「飛行機」について見ていきます。

「航空機」と「飛行機」の違い

「航空機」と「飛行機」の違い

「航空機」と「飛行機」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 航空機」:大気中を飛行する機械や機器の総称のこと
  • 飛行機」:固定翼による揚力と動力装置によって大気中を飛行する航空機のこと

「航空機」は「気球」「飛行船」「飛行機」「ヘリコプター」などの大気を飛行する機械や機器のことで、「飛行機」は固定翼による揚力と動力装置によって大気中を飛行する「航空機」のことです。

一般的には上記のモノが「航空機」と「飛行機」ですが、世界での認識と日本の定義では若干意味が違っており、日本では人が乗っていない機体や「気球」「ロケット」「ドローン」などは「航空機」には含まれていません。

「航空機」「飛行機」とは

「航空機」「飛行機」とは

「航空機」について詳しく

「航空機」とは「大気中を飛行する機械や機器の総称のこと」です。




「航空機」は上記の意味の通りですが、シカゴ条約(国際民間航空条約)では「大気中における支持力を、地球の表面に対する空気の反作用以外の空気の反作用から得ることができる一切の機器」と詳しく定義がされています。

「航空機」はその中でも、空気よりも軽い機体であることによって揚力を得ることが出来る「軽航空機」と、空気よりも重い機体で動力装置を備えている「重航空機」の2種類に大別され、「軽航空機」には「気球」や「飛行船」、「重航空機」には後述する「飛行機」や「ヘリコプター」などの種類があります。


ただ、これは飽くまでも世界的な認識の話で、日本では「人が乗って航空の用に供することができる飛行機、回転翼航空機、滑空機及び飛行船その他政令で定める航空の用に供することができる機器」と独自の定義がされているため、意味が若干違っています。

人が乗っていないという点もそうですが、日本では「気球」「ロケット」「ドローン」などに関しても、「航空機」には含まれていません。

「飛行機」について詳しく

「飛行機」とは「固定翼による揚力と動力装置によって大気中を飛行する航空機のこと」です。


「飛行機」は、固定翼による揚力と動力装置によって空中を飛行する「航空機」のことで、一般的な「旅客機」などはこれに該当します。

動力装置は備わっていますが固定翼による揚力に頼らないモノには「ヘリコプター」が、固定翼による揚力に頼ってはいますが動力装置が装備されていないモノには「グライダー」などの種類があり、これらと分けて考えると分かりやすいです。


一般的に「航空機」と言うと「飛行機」のことを指す場合がほとんどですが、「航空機」にはその中にも多くの種類があるため、必ずしも「飛行機」を指している訳では無い場合もあるので、その辺りは頭に入れておきたいところです。

「航空機」と「飛行機」の違いは何?まとめ

言葉 意味/備考
航空機 意味】大気中を飛行する機械や機器の総称のこと
備考】空気よりも軽い機体であることによって揚力を得ることが出来る「軽航空機」と、空気よりも重い機体で動力装置を備えている「重航空機」の2種類に大別され
飛行機 意味】固定翼による揚力と動力装置によって大気中を飛行する航空機のこと
備考】一般的な「旅客機」もこれに含まれる。一般的に「航空機」と言うと「飛行機」のことを指す場合がほとんど

「航空機」と「飛行機」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「スーパー」と「デパート」の違いは何?「スーパー」と「デパート」は何が違うのかご存知でしょうか。 どちらも多くの品物を扱っており、お世話になると言う方も多いと思いますが...
「解放」と「開放」の違いは何?「解放」と「開放」、どちらも「かいほう」と読みますが、この2つの違いは何かご存知でしょうか。 使い分けが難しいこれらの言葉ですが、...
「標高」と「海抜」の違いは何?「標高」と「海抜」の違いは何かご存知でしょうか。どちらも高さを表すものですが、どんな違いがあるのか分からないという方が多いのではないかと...