違い

「降雪」と「積雪」の違いは何?

降雪」と「積雪」の違いは何かご存知でしょうか。どちらも雪に関係する言葉で、気象庁ではそれぞれ定義がされていますが、意味が似たようなものなので、これらの言葉を聞いても「?」となってしまいますよね。

この記事で、「降雪」と「積雪」の違いについて見ていきましょう。

「降雪」と「積雪」の違い

「降雪」と「積雪」の違い

「降雪」と「積雪」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 降雪」:雪が降ること、一定の時間内に降り積もった雪などの固形降水の深さのこと
  • 積雪」:雪が積もること、踏み固めたりせずに自然に降り積もった状態の雪などの固形降水の深さのこと

「降雪」「積雪」ともに雪などの固形降水の深さのことですが、「降雪」に関しては一定の時間内に降り積もったもの、「積雪」は「降雪」の分も含めた自然に降り積もった状態の雪などの固形降水の深さのことです。意味が似ているので混同してしまいがちですが、構成している漢字の意味を理解すると何となく判断することができるのではないかと思います。

「降雪」「積雪」とは

「降雪」「積雪」とは

「降雪」について詳しく

「降雪」とは雪が降ること、一定の時間内に降り積もった雪などの固形降水の深さのことです。

また、一定の時間内に降った雪の量のことを「降雪量」または「降雪の深さ」と言います。

「降雪」は、「8時~9時にかけての1時間あたりの降雪量」というように、一定の時間内に降り積もった雪などの固形降水のことを指します。ここで言う固形降水とは雪だけでなく、「霰(あられ)」や「雹(ひょう)」なども含まれます。既に降り積もっている雪に関しては「降雪」とは言わず、また「降雪量」にも含まれず、降り積もっている雪の深さから、一定の時間内に降った「降雪量」の差を求めることによって、その時間の「降雪」としています。

同じような言葉に「着雪」というものがありますが、「着雪」とは雪が電線や木の枝に着くことを意味します。

「積雪」について詳しく

「積雪」とは雪が積もること、踏み固めたりせずに自然に降り積もった状態の雪などの固形降水の深さのことです。

また、踏み固めたりせずに自然に降り積もった状態の雪などの固形降水の深さのことを「積雪量」と言います。

基本的には「積雪量」の方が多くなりますが、「降雪量」と「積雪量」が同じ数値になることもあり、固形降水が降った時間から計測を始めれば、「降雪量」と「積雪量」は同じ数値になります。

また、ある時間で計測した「積雪量」がそれ以降の時間で計測した際に減少していた場合、「降雪量」はマイナスとなりますが、差で用いられるのは正の数値のみなので、その時間内の「降雪」はなし、ということになります。

「降雪」と「積雪」の違いは何?まとめ

「降雪」と「積雪」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「降雪」 雪が降ること、一定の時間内に降り積もった雪などの固形降水の深さのこと 固形降水とは雪だけでなく、「霰(あられ)」や「雹(ひょう)」なども含まれる
「積雪」 雪が積もること、踏み固めたりせずに自然に降り積もった状態の雪などの固形降水の深さのこと ある時間で計測した「積雪量」がそれ以降の時間で計測した際に減少していた場合、「降雪量」はマイナスとなるが、差で用いられるのは正の数値のみなので、その時間内の「降雪」はなし、ということになる

ぜひ、参考にされて見てください。

「冬日」と「真冬日」の違いは何?「冬日」と「真冬日」の違いは何かご存知でしょうか。「冬日」と比べると「真冬日」の方が寒いような意味を持っていそうですが、実際にはどんな違...
「あられ」と「ひょう」と「みぞれ」と「雪」の違いは何?寒くなってくると、「雪」が降る機会が多くなりますが、首都圏などの気温が比較的高い地域になると「雪」ではなく「あられ」や「みぞれ」は降ると...
「降水量」と「降雨量」の違いは何?「降水量」と「降雨量」の違いは何かご存知でしょうか。雨がよく降る梅雨の時期になると、こういった言葉に敏感になりますが、似たような言葉なの...