違い

「超える」と「越える」の違いは何?

超える」と「越える」は、読み方も「こえる」と同じ上に、漢字のへんも共通していおり、意味も似たような意味なので、使い分けが非常に難しいです。

しかし、「超える」と「越える」のそれぞれの意味は異なるので、しっかりとした使い分けが必要です。

この記事で、「超える」と「越える」の違いについて見ていきましょう。

「超える」と「越える」の違い

「超える」と「越える」の違い

「超える」と「越える」の違いは以下の通りです。

  • 超える」:ある基準や数値、限度を上回ること、抜きん出ること
  • 越える」:ある場所や時間、障害や境界などを通り過ぎること、こえること

「超える」は基準や数値、限度を上回ること、「越える」は場所や時間、障害や境界などを通り過ぎることです。

「超える」「越える」とは

「超える」「越える」とは

「超える」について詳しく

「超える」とはある基準や数値、限度を上回ること、抜きん出ることを指します。

「超える」は上回ること、抜きん出ることで、「未満」の反対となる言葉です。「超」という漢字は、「超人」や「超過」などでも使われているように、物事においてずば抜けていることを意味しています。

「超える」は基準や数値、限度を上回る際に使われますが、その使われる文章の解釈によっては後述する「越える」とどちらでも使えるようになっています。

  • 世界記録を超える
  • 1000万円を超える融資
  • 血糖値の基準値よりも超えてしまった

「越える」について詳しく

「越える」とはある場所や時間、障害や境界などを通り過ぎること、こえることを指します。

「越える」は通り過ぎること、こえることです。「越」という漢字には、「越境」「越冬」などのように移る、通り越すという意味、「卓越」「優越」などのように物事の範囲や程度をこえるなどの言葉に使われています。

「越える」は場所や時間、障害や境界などを通り過ぎることですが、前述のように文章の解釈によっては「超える」と使い分けがされます。

例えば「50歳をこえる」という文の場合は、年齢は数値のことなので「50歳を超える」になりますが、50歳を基準だったり、通過点と考える場合は「50歳を越える」となります。

  • 国境を越える
  • 季節を越える
  • この峠を越えたらもうすぐだ

「超える」と「越える」の違いは何?まとめ

「超える」と「越える」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 超える」:ある基準や数値、限度を上回ること、抜きん出ること
  • 越える」:ある場所や時間、障害や境界などを通り過ぎること、こえること

「超える」は基準や数値、限度を上回ること、「越える」は場所や時間、障害や境界などを通り過ぎることです。使い分けが難しい場合は、「こえる」と平仮名で書くか、その漢字が使われている言葉・熟語に置き換えて考えてみると良いです。ぜひ、参考にされて見てください。

「停戦」と「休戦」と「終戦」の違いは何?戦争や紛争を中止する・終わるときには「停戦」「休戦」「終戦」という言葉が用いられますが、これらの意味の違いはご存知でしょうか。 ど...
「有酸素運動」と「無酸素運動」の違いは何?筋力トレーニングやダイエットなどはお馴染みの「有酸素運動」「無酸素運動」ですが、これらの意味や違いはご存知でしょうか。 聞いたこと...
「ちくわ」と「ちくわぶ」の違いは何?おでんの具で「ちくわ」と「ちくわぶ」という具材がありますが、これらの違いが何なのか気になったことはないでしょうか。 平仮名の「ぶ」...