違い

「ニット」と「セーター」の違いは何?

寒い冬の時期には欠かすことができない「ニット」と「セーター」、これらの違いは何かご存知でしょうか。

普段何気なく着ている方も多いと思いますが、この違いを知っているという方は意外にも少ないと思います。

この記事で、「ニット」と「セーター」の違いについて見ていきましょう。

「ニット」と「セーター」の違い

「ニット」と「セーター」の違い

「ニット」と「セーター」の違いは以下の通りです。

  • ニット」:1本の糸でループを作りながら編んだ生地・素材、また「ニット」で作られた製品
  • セーター」:「ニット」素材で作られたトップスのこと

日本では「ニット」と「セーター」は同一のものとして扱われることも多いですが、「ニット」は素材のこと、「セーター」は「ニット」素材で作られたトップスのことを指します。

現在では「ニット」で作られた製品のことをそのまま「ニット」と呼称する場合もあります。

「ニット」と「セーター」とは

「ニット」と「セーター」とは

「ニット」について詳しく

「ニット」とは、1本の糸でループを作りながら編んだ生地・素材のこと、また「ニット」で作られた製品のことです。英語の「ニット(knit)」には「編む」「編み物」などの意味があります。

「ニット」は本来、編まれた生地・素材のことを指しますが、現在では「ニット」で作られた製品や、服を指す場合が多いです。

「ニット」は1本の糸でループを作りながら編んだ生地・素材のことを指すので、アクリル、麻、ウール、コットン、シルク、ポリエステル、綿など、使われる素材に指定はありません。

編んで作られているため縦横に非常に伸び、カーディガンやベスト、帽子や手袋、マフラーや靴下など様々な「ニット」素材の製品、「ニット」があります。

「セーター」について詳しく

「セーター」とは「ニット」素材で作られたトップスのことです。

「ニット」と「セーター」を同一のものとして考えてしまいがちですが、「ニット」素材を使った様々な製品がある中の一種が「セーター」ということになります。

日本では、「ニット」素材の中でもアルパカやアンゴラ、ウールやカシミアといった動物性の太い毛糸を使った、頭からかぶって着用する「プルオーバー型」と呼ばれているものを取り分けて「セーター」と呼ぶことが多いです。

また、通常のものよりも厚手なものを「セーター」、薄手のものを「ニット」と使い分ける場合もありますが、前述の通り「ニット」は本来、編まれた生地・素材のことを指すので、適当とは言えません。

「ニット」と「セーター」の違いは何?まとめ

「ニット」と「セーター」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • ニット」:1本の糸でループを作りながら編んだ生地・素材、また「ニット」で作られた製品
  • セーター」:「ニット」素材で作られたトップスのこと

「ニット」は素材のこと、「セーター」は「ニット」素材で作られたトップスのことです。「ニット」と「セーター」の違いを知らないで普段何気なく着ていた方もいたと思います。ぜひ、参考にされて見てください。