違い

「貴社」と「御社」の違いは何?

相手の会社を意味する言葉に「貴社」と「御社」がありますが、これらの違いは何なのかご存知でしょうか。

「貴社」と「御社」、どちらも敬う表現に変わりはありませんが、これらの言葉の使い間違いで、就職や転職の合否に響いてしまう可能性があります。

この記事で、「貴社」と「御社」の違いについて見ていきましょう。

「貴社」と「御社」の違い

「貴社」と「御社」の違い

「貴社」と「御社」の違いは以下の通りです。

  • 貴社」:相手の会社を意味する丁寧な表現で「書き言葉」
  • 御社」:相手の会社を意味する丁寧な表現で「話し言葉」

「貴社」と「御社」は相手の会社を意味する言葉ですが、「貴社」は「書き言葉」、「御社」は「話し言葉」です。またどちらも敬語なので、二重敬語には気を付けてください。

「貴社」「御社」とは

「貴社」「御社」とは

「貴社」について詳しく

「貴社」とは相手の会社を意味する丁寧な表現で「書き言葉」です。

「貴社」は「書き言葉」なので、主にメールや手紙、履歴書や文書などで使われる表現です。

元々「書き言葉」だけでなく「話し言葉」としても「貴社」は使われていましたが、同じ読み方をする「記者」「汽車」「帰社」「喜捨」などと間違ってしまうことが多かったことから、1900年代の初め頃に「話し言葉」としては「御社」が使われるようになりました。

「貴社」は敬語なので、「貴社様」などのような表現は二重敬語にあたってしまうので、注意が必要です。

「御社」について詳しく

「御社」とは相手の会社を意味する丁寧な表現で「話し言葉」です。

「御社」は「話し言葉」なので、主に面接や打ち合わせ、電話などの会話のやり取りで使われる表現です。

「御社」にも「貴社」と同じように、「恩赦」「音写」などの同じ読み方をするものがありますが、ビジネスのシーンではあまり使われる言葉ではないため問題がないとされています。

前述の「貴社」と同じく「御社」も敬語なので、「御社様」などのような表現は二重敬語にあたってしまうので、注意が必要です。

「貴社」と「御社」の違いは何?まとめ

「貴社」と「御社」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 貴社」:相手の会社を意味する丁寧な表現で「書き言葉」
  • 御社」:相手の会社を意味する丁寧な表現で「話し言葉」

「貴社」と「御社」は相手の会社を意味する言葉で、「貴社」は「書き言葉」、「御社」は「話し言葉」です。どちらも敬語なのでどんな場面で「貴社」と「御社」を使っても間違いという訳ではありませんが、「書き言葉」と「話し言葉」で使い分けがされているのでこれに倣うと確実です。

ぜひ、参考にされて見てください。

「ニット」と「セーター」の違いは何?寒い冬の時期には欠かすことができない「ニット」と「セーター」、これらの違いは何かご存知でしょうか。 普段何気なく着ている方も多いと...
「出身地」と「出生地」の違いは何?私たちが生まれ育ってきた地域、国や県のことを「出身地」「出生地」と言ったりしますが、この2つの違いは何のかご存知でしょうか。 同じ...
「来週」と「次週」と「翌週」の違いは何?次の週を表す言葉として「来週」「次週」「翌週」の3つがありますが、これらは何が違うのかご存知でしょうか。どれも同じ意味じゃないの?と思わ...