違い

「喫茶店」と「カフェ」の違いは何?

この記事では、「喫茶店」と「カフェ」について見ていきます。

「喫茶店」と「カフェ」の違い

「喫茶店」と「カフェ」の違い

「喫茶店」と「カフェ」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 喫茶店」:コーヒーや紅茶、お菓子、軽食などを提供する飲食店のこと。「喫茶店営業許可」が必要
  • カフェ」:コーヒーや紅茶、お菓子、軽食などを提供する飲食店のこと。「飲食店営業許可」が必要

基本的な意味は「喫茶店」も「カフェ」も変わりませんが、「喫茶店」と「カフェ」では取得するべき営業許可が異なっており、前者は「喫茶店営業許可」、後者は「飲食店営業許可」となっています。

この違いによって、提供することが出来る飲食物にも違いがあり、また備わっている設備などにも差異があります。

「喫茶店」「カフェ」とは

「喫茶店」「カフェ」とは

「喫茶店」について詳しく

「喫茶店」とは「コーヒーや紅茶、お菓子、軽食などを提供する飲食店のこと」です。


「喫茶店」の「喫茶」とは「中国から伝わった茶を飲用し効用を嗜む習慣や作法のこと」で、「お茶を喫む(のむ)こと」を意味する言葉です。

一昔前までは「お茶」のみを指す言葉でしたが、現在ではお茶だけでなく、コーヒーや果汁ジュース、清涼飲料水なども含むようになり、今日の「喫茶店」に繋がっています。


「喫茶店」の主な意味は上記の通りですが、その中でも「喫茶店」は「喫茶店営業許可」を取得したお店が、名乗ることが出来るお店となっています。

後述する「カフェ」に関しては「飲食店営業許可」を取得していなければ営業する事は出来ず、この点が、「喫茶店」と「カフェ」の大きな違いになります。

この違いによって「喫茶店」と「カフェ」では提供することが出来るメニューに違いがあり、「喫茶店」はアルコールが入った飲料や、限られた調理方法でしか、料理を提供することが出来ず、またこの違いから、「喫茶店」は「カフェ」と比べると営業許可の申請がしやすいです。

しかし、「喫茶店営業許可」を取得したから「喫茶店」、「飲食店営業許可」を取得したから「カフェ」と名乗る必要は無く、「喫茶店営業許可」を取得しても「カフェ」、「飲食店営業許可」を取得しても「カフェ」と、それぞれ名乗っても問題ありません。

「カフェ」について詳しく

「カフェ」とは「コーヒーや紅茶、お菓子、軽食などを提供する飲食店のこと」です。


基本的な意味は「喫茶店」と変わりませんが、前述の通り、「カフェ」と「喫茶店」では取得する営業許可が異なっており、「カフェ」に関しては「飲食店営業許可」を取得しなければ営業する事は出来ません。

「飲食店営業許可」を取得する事によって、そのお店ではアルコールを含んだ飲料を提供することができ、複雑な工程を要する飲食の提供も可能となっています。

また、上記の理由から、扱う飲食物をより衛生的に保管したり、洗浄するための設備が必要となり、この点も「喫茶店」との大き違いとなっています。


元々「カフェ」という言葉は「コーヒー豆や、それを引いて淹れたコーヒーのこと」を意味する言葉でしたが、現在ではその意味が転じて、「コーヒ〜を飲ませるためのお店」や、それに類似する意味の言葉となりました。

「喫茶店」と「カフェ」の違いは何?まとめ

言葉 意味/備考
喫茶店 意味】コーヒーや紅茶、お菓子、軽食などを提供する飲食店のこと
備考】「喫茶店営業許可」が必要。アルコールや、加熱調理以外の工程を要する飲食の提供が出来ない
カフェ 意味】コーヒーや紅茶、お菓子、軽食などを提供する飲食店のこと
備考】「飲食店営業許可」が必要。アルコール、複雑な工程を要する飲食の提供も可能

「喫茶店」と「カフェ」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「ミルクティー」と「ロイヤルミルクティー」の違いは何?「ミルクティー」はその名の通り、紅茶にミルクを入れてまろやかにした飲み物です。最近では「ミルクティー」に「タピオカ」を入れた「タピオカ入...
「省略」と「割愛」の違いは何?この記事では、「省略」と「割愛」の違いについて見ていきます。 「省略」と「割愛」の違い 「省略」と「割愛」の違いは以下の...
「共有」と「共用」の違いは何?この記事では、「共有」と「共用」の違いについて見ていきます。 「共有」と「共用」の違い 「共有」と「共用」の違いは以下の...