違い

「記入」と「記載」と「記述」の違いは何?

書類やプリントなどに書き記すことを「記入」「記載」「記述」などと言いますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。

同じような意味を持っているので、これらの使い分けは何なのか疑問に思いますよね。しかし、似たような意味でも「記入」と「記載」と「記述」では細かいところで微妙にニュアンスが違います。

「記入」と「記載」と「記述」の違いについて見ていきましょう。

「記入」と「記載」と「記述」の違い

「記入」と「記載」と「記述」の違い

「記入」と「記載」と「記述」の違いは以下の通りです。

  • 記入」:所定の用紙・箇所に決められた文字や数字、記号などを書くこと
  • 記載」:書類・書物などの媒体に書き載せること
  • 記述」:文章にして書き記すこと

「記入」は文字などを書き記すこと、「記載」は書き載せること、「記述」は文章を書き記すことです。「記入」と「記載」の違いは、その書いたものが書類や書物に記録として残されないか残されるかという点に違いがあります。

「記入」「記載」「記述」とは

「記入」「記載」「記述」とは

「記入」について詳しく

「記入」とは所定の用紙・箇所に決められた文字や数字、記号などを書くことを指します。

「記入」は書く書き記すことと言っても、文字や数字だけでなく、アンケート用紙などの「レ点」、マークシートなどのマークを「塗りつぶす」という行為も同様に「記入」と言います。

「記入」という言葉は、文字や数字などの何を書くかに重きを置いているのではなく、何かを「書き入れること」自体に重きを置いている言葉です。この辺りが後述する「記載」と「記述」との違いになります。

「記載」について詳しく

「記載」とは書類・書物などの媒体に書き載せることを指します。

「記載」も「記入」と同じように何か書き記すこと、という点では共通していますが、「記載」は書き記したものが書類・書物として残る、という点が違います。書類や書物、新聞、製品の説明文、ウェブサイトなど書き記したものが何かに登録する、記録に残す、記録を作成するという意味まで含んで「記載」となります。

また、「記載」という言葉は不特定多数の人に見られることが多い、という特徴もあります。

「記入」は「書き入れること」ですが、「記載」は「書き載せること」、文字などを書いて何かに登録するまでのことを指します。

「記述」について詳しく

「記述」とは文章にして書き記すことを指します。

「記入」「記載」は文字だけでなく数字や記号なども書き記しますが、「記述」に関してはその名の通り、言葉を連ねた文章のみです。数字や記号だけでは「記述」は使われません。

また、書かれた文章に詳しい説明が求められる場合にも「記述」が使われます。

「記入」と「記載」と「記述」の違いは何?まとめ

「記入」と「記載」と「記述」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 記入」:所定の用紙・箇所に決められた文字や数字、記号などを書くこと
  • 記載」:書類・書物などの媒体に書き載せること
  • 記述」:文章にして書き記すこと

細かな違いですが、それぞれに違いがあり意味があります。ぜひ、参考にされて見てください。

「適用」と「適応」の違いは何?「適用」と「適応」は何が違うのかご存知でしょうか。 何かに当てはめたり、当てはまったりする際に使われる言葉ですが、使い分けの際にど...
「修理」と「修繕」と「修復」と「補修」の違いは何?何が壊れてしまったり故障してしまったときには、それを直すという作業をしますが、その作業を表す言葉として「修理」「修繕」「修復」「補修」の...
「修正」と「訂正」の違いは何?何かの書類の間違いを直すときに「修正」「訂正」という言葉をしばしば使いますが、これらは何が違うのかご存知でしょうか。 同じ意味に思...