違い

「軽傷」と「重傷」と「重体」の違いは何?

ニュースなどで事件や事故が報道される際、傷を負った方のその傷の程度を表す言葉に「軽傷」「重傷」「重体」がありますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。

何となくのニュアンスは分かるのですが、具体的にとなると難しいところです。

この記事で、「軽傷」と「重傷」と「重体」の違いについて見ていきましょう。

「軽傷」と「重傷」と「重体」の違い

「軽傷」と「重傷」と「重体」の違い

「軽傷」と「重傷」と「重体」の違いは以下の通りです。

  • 軽傷」:全治30日未満の怪我のこと
  • 重傷」:命に別状がなく全治30日以上の怪我のこと
  • 重体」:怪我や病気に関わらず、命を落としてしまう危険がある症状・負傷のこと

「軽傷」は30日未満、「重傷」は30日以上、「重体」は日にちに関わらず命を落としてしまう危険がある怪我や症状のことを指します。具合としては「軽傷」<「重傷」<「重体」となります。

「軽傷」「重傷」「重体」とは

「軽傷」「重傷」「重体」とは

「軽傷」について詳しく

「軽傷」とは交通事故などの何らかの影響によって体に傷を負い、それが全治30日未満の怪我のことを指します。

軽めの傷や骨折などは「軽傷」に含まれ、怪我の程度としては1番軽いです。

「軽傷」は全治30日未満のものを指すので、これ以上の期間の傷のものを指して例えば「全治3ヶ月の軽傷」などとは言わないので注意です。

「重傷」について詳しく

「重傷」とは命に別状がなく全治30日以上の怪我のことを指します。

「重傷」と聞くと、命に関わるような怪我をイメージしがちですが、実際のところは命に別状がなく全治30日以上の怪我のことを指します。しかし、命に別状は無いと言っても、その怪我によっては長い期間の治療で後遺症が残ったりする場合があるので、あまり喜ばしい状態ではありません。

ニュースなどで報道される場合、骨折などはこの「重傷」の部類に入ります。

また、「軽傷」とは言えず「重傷」とも言えない程度の怪我の状態を「中傷」と言いますが、「中傷」に関しては厳密に定義がされていません。

「重体」について詳しく

「重体」とは怪我や病気に関わらず、命を落としてしまう危険がある症状・負傷のことを指します。

「軽傷」「重傷」に関しては傷の具合や程度のみを指して使われる言葉ですが、「重体」に関しては怪我はもちろんのこと、病気などの症状も命を落としてしまう危険がある際に使われます。

ニュースなどで報道される場合、「意識不明の重体」というように「意識不明」という言葉とセットで使われることが多く、その場合その方の体の具合が生死に関わっていることを示しています。

また、「軽傷」「重傷」のように「全治○○週間の重体」という使い方はされません。

「軽傷」と「重傷」と「重体」の違いは何?まとめ

「軽傷」と「重傷」と「重体」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 軽傷」:全治30日未満の怪我のこと
  • 重傷」:命に別状がなく全治30日以上の怪我のこと
  • 重体」:怪我や病気に関わらず、命を落としてしまう危険がある症状・負傷のこと

「軽傷」は30日未満、「重傷」は30日以上、「重体」は日にちに関わらず命を落としてしまう危険がある怪我や症状のことです。ぜひ、参考にされて見てください。

「傷」と「怪我」の違いは何?運動だったり普段の生活の中で、私たちは自身の身体に「傷」や「怪我」を負うことがあると思いますが、この2つの言葉の違いは何かご存知でしょう...
「全治」と「完治」の違いは何?スポーツや事故などで怪我をした時に「全治○週間」という言葉をよく聞きますよね。完全に治るまでは大体このくらいかかりますよ、という目安を示...
「死亡」と「死傷」の違いは何?ニュースなどで事件や事故が報道されると、「死亡」や「死傷」などの言葉を耳にすることがあります。「死亡」の意味については何となく分かるので...