違い

「カルビ」と「ロース」の違いは何?

焼肉で「カルビ」や「ロース」などの部位を食べるという方は多いと思いますが、これらの違いは何かご存じでしょうか。こういう名前の部位の肉があるのは知っているけどどんなものか具体的な部位は知らない、という方が多いのではないでしょうか。

この記事で、「カルビ」と「ロース」の違いについて見ていきましょう。

「カルビ」と「ロース」の違い

「カルビ」と「ロース」の違い

「カルビ」と「ロース」の違いは以下の通りです。

「カルビ」と「ロース」の違い
  • カルビ」:肋骨(ろっこつ/あばらぼね)周辺についている肉、バラ肉
  • ロース」:肩から腰に部分にかけた肉、背肉

簡単に言いますと、「カルビ」はバラ肉、「ロース」は背肉です。

「カルビ」「ロース」とは

「カルビ」「ロース」とは

「カルビ」について詳しく

「カルビ」とは肋骨(ろっこつ/あばらぼね)周辺についている肉、バラ肉です。

「カルビ」は元々韓国語の「肋骨」を意味する「갈비」が語源となっており、それに伴って、肋骨周辺についている肉、バラ肉のことを指して「カルビ」と言います。日本では「カルビ」は主に焼肉の部位として知られていますが、韓国では牛の部位として考えられているようです。

「カルビ」は、後述する「ロース」よりも脂の割合が高く、この脂の含まれる量によって「カルビ」「上カルビ」「特上カルビ」に分けられます。

「ロース」について詳しく

「ロース」とは肩から腰に部分にかけた肉、背肉です。

「ロース」は「焙る」「焼く」などの意味を持つ「roast」が語源で、この「roast(ロースト)」に適した部位なので、「ロース」と呼ぶようになりました。

一口に「ロース」と言っても種類があり、弾力があり、すき焼きなどで使用される、肩に近い部分の「肩ロース」、柔らかい食感が特徴的な背肉で、ステーキなどで使用される「リブロース」、腰に近い部分の「サーロイン」があります。また、「肩ロース」には「ザブトン」という、1頭から数kgほどしか取れない希少部位があります。

「ロース」は「カルビ」と比べると脂が少なく、ヘルシーです。

「カルビ」と「ロース」の違いは何?まとめ

「カルビ」と「ロース」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「カルビ」 肋骨(ろっこつ/あばらぼね)周辺についている肉、バラ肉 脂の含まれる量によって「カルビ」「上カルビ」「特上カルビ」に分けられる
「ロース」 肩から腰に部分にかけた肉、背肉 「肩ロース」「リブロース」「サーロイン」などがあり、「肩ロース」には「ザブトン」という、1頭から数kgほどしか取れない希少部位がある

ぜひ、参考にされて見てください。

「鮭」と「サーモン」の違いは何?「鮭」と「サーモン」は何が違うのかご存知でしょうか。 単に「鮭」を英語にしたものが「サーモン」と思われてしまいがちですが、実は私た...
「唐揚げ」と「竜田揚げ」の違いは何?「唐揚げ」は小さなお子さんから大人まで、幅広い年代で親しまれていますが、似たようなものに「竜田揚げ」というものがありますが、これらは何が...
「グリーンアスパラ」と「ホワイトアスパラ」の違いは何?「アスパラガス」には「グリーンアスパラ」と「ホワイトアスパラ」の2種類がありますが、何が違うのかご存知でしょうか。 スーパーなどで...