違い

「看病」と「看護」と「介抱」の違いは何?

看病」と「看護」と「介抱」の違いは何かご存知でしょうか。どれも病人や怪我人をお世話する、というようなニュアンスで使われていますが、これらの使い分けは非常に曖昧なものになっている印象です。

この記事で、「看病」と「看護」と「介抱」の違いについて見ていきましょう。

「看病」と「看護」と「介抱」の違い

「看病」と「看護」と「介抱」の違い

「看病」と「看護」と「介抱」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 看病」:病人に付き添って長期間周りの世話をすること
  • 看護」:病人の世話や怪我人の手当てをすること
  • 介抱」:傷病者の世話や手当てなどを一時的に行うこと

「看病」「看護」「介抱」はどれも、病人や怪我人をお世話するなどの意味を持っていますが、「看病」は長期間かつ病人を対象に、「看護」は病人怪我人重いか軽いか、身内か身内でないかも関わらず使い、「介抱」は傷病者の世話や手当てなどを一時的に行うことを指し、微妙に意味が違います。

「看病」「看護」「介抱」とは

「看病」「看護」「介抱」とは

「看病」について詳しく

「看病」とは病人に付き添って長期間周りの世話をすることです。

「看病」は、「病を看る」ということから、その対象が病人に限られます。そのため、怪我人の手当てなどでは「看病」は使われません。

また一過性や一時的な症状に関しては「看病」という言葉は使われず、その病気が長期間に渡る場合や、思い症状の場合に、そばに付き添って世話をする場合に使われます。加えて、その対象が身内となる場合に使われるのが一般的となっています。

「看護」について詳しく

「看護」とは病人の世話や怪我人の手当てをすることです。

「看護」は「看病」と比べると意味が広く、またその病気が重いか軽いか、身内か身内でないかも関わらずに使うことができる言葉です。

について詳しく

「介抱」とは傷病者の世話や手当てなどを一時的に行うことです。

「介抱」は「看護」と意味が似ていますが、その世話や手当てなどは一時的なものとなっています。そのため、「母を3年間介抱した」などの文章は意味合い的にあり得ず、この場合は「看護」や「看病」が適当となっています。

また、「介抱」には「保護する」「手助けをする」などのような意味を持っているので、お酒で酔っている方の手助けをしたり、単に面倒を見るというような意味で使われることもあります。

「看病」と「看護」と「介抱」の違いは何?まとめ

看病 病人に付き添って長期間周りの世話をすること。怪我人の手当てなどでは「看病」は使われない
看護 病人の世話や怪我人の手当てをすること。その病気が重いか軽いか、身内か身内でないかも関わらずに使うことができる言葉
介抱 傷病者の世話や手当てなどを一時的に行うこと。お酒で酔っている方の手助けをしたり、単に面倒を見るというような意味もある

「看病」と「看護」と「介抱」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「酩酊」と「泥酔」の違いは何?「酩酊」と「泥酔」の違いは何かご存知でしょうか。お酒に関係するこれらの言葉ですが、お酒に関する言葉というのは分かっていても、これらの意味...
「知識」と「知恵」の違いは何?「知識」と「知恵」の違いは何かご存知でしょうか。似たような言葉なため、混同したり、同一のものとして考えてしまうこともあるとは思いますが、...
「看護師」と「看護士」の違いは何?「看護師」と「看護士」の違いは何かご存知でしょうか。「師」と「士」の1文字の違いですが、この違いによってどんな違いがあるのか、またどちら...