違い

「改定」と「改訂」の違いは何?

この記事では、「改定」と「改訂」の違いについて見ていきます。

「改定」と「改訂」の違い

「改定」と「改訂」の違い

「改定」と「改訂」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 改定」:既に存在する制度や仕組み、規則などを改めて定めること
  • 改訂」:文章や書物などの内容を改め直すこと、法律や取り決めなどの一部を改めて正当な形にすること

どちらも「何かを改める」という点では共通していますが、「改定」は「制度や規則などを改めること」、「改訂」は「文章や書物などの内容を改めること」で、その対象の違いによって使い分けがされています。

意味が混同してしまいがちなので注意です。

「改定」「改訂」とは

「改定」「改訂」とは

「改定」について詳しく

「改定」とは既に存在する制度や仕組み、規則などを改めて定めることです。


既存の法律や規則、制度などのルールの変更、新たなルールの追加、全く新しいものに作り直すことなど、「改めて定めること」を「改定」と言います。

「物事をもう1度決め直すこと」と覚えておくと、後述する「改訂」との使い分けがしやすくなると思います。


また、似たようなモノに「改正」という言葉がありますが、こちらは「法律や制度などを改め正すこと」を意味する言葉です。

適当ではない部分や、不備がある部分を正すという意味があり、「改めて定めること」という部分では「改定」と意味が重なっていますが、「改正」は「間違いを正すこと」に、「改定」は「変更すること」という点にそれぞれ重点が置かれており、それによって使い分けがされます。

「改訂」について詳しく

「改訂」とは文章や書物などの内容を改め直すこと、法律や取り決めなどの一部を改めて正当な形にすることです。


「改訂」は上記のように意味が2つありますが、主に使われるのは前者の「文章や書物などの内容を改め直すこと」で、文章や書物などの誤りを訂正したり、より相応しい内容に刷新する際などに使われます。

法律を「改正」する場合、それは法令文であり、文章でもあるので、「改訂」を使うのが適当と思われてしまいがちですが、法令分や文章ではなく「既に存在する制度や仕組み、規則などを改めて定めること」の重点を置いているため、この場合は「改定」を使うのが基本となっています。

「改定」と「改訂」の違いは何?まとめ

改定 意味】既に存在する制度や仕組み、規則などを改めて定めること
備考】似たようなモノに「法律や制度などを改め正すこと」を意味する「改正」があり、「改正」は「間違いを正すこと」に、「改定」は「変更すること」という点に重点が置かれている
改訂 意味】文章や書物などの内容を改め直すこと、法律や取り決めなどの一部を改めて正当な形にすること
備考】基本的に「文章や書物などの内容を改め直すこと」という意味で使われる

「改定」と「改訂」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「推薦」と「推奨」の違いは何?日本語には似たような字面で同じような意味を持つものがたくさんあるので、日本人でも使い分けがとても難しいものですよね。「推薦」と「推奨」と...
「対応」と「応対」の違いは何?「対応」と「応対」の違いは何かご存知でしょうか。何らかの問題に遭遇した時に対処するというようなニュアンスを持ったこれらの言葉ですが、この...
「同居」と「同棲」の違いは何?同じ家、同じ屋根の下で暮らすことを「同居」「同棲」と言いますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。何となくの意味やシチュエーションで使...