違い

「糸こんにゃく」と「しらたき」の違いは何?

「おでん」や「すき焼き」「肉じゃが」などの具材で使用される「糸こんにゃく」「しらたき」の違いはご存知でしょうか。

どちらも細長い「こんにゃく」ですが、一見同じように見えても名前が異なっているので「糸こんにゃく」と「しらたき」には何か違いがありそうですよね。

この記事で、「糸こんにゃく」と「しらたき」の違いについて一緒に見ていきましょう。

「糸こんにゃく」「しらたき」とは

「糸こんにゃく」「しらたき」とは

「糸こんにゃく」について詳しく

「糸こんにゃく」について詳しく

「糸こんにゃく」とは「こんにゃく芋」をすり潰したもの、もしくは「こんにゃく精粉」と呼ばれる「こんにゃく芋」を乾燥させて粉状にしたものに、水や凝固剤である水酸化カルシウムを加えてよく練り合わせ、型や袋などに入れて熱をかけて「板こんにゃく」にし、これを細い糸状に切ったものを指します。

この細い糸状に切った、という製造方法から「糸こんにゃく」の太さは4~8mmほどになることが多いです。

黒いものが「糸こんにゃく」として捉えられてしまいがちですが、「こんにゃく精粉」を使えば色は白くなり、「こんにゃく芋」をそのまま使えば色は黒になるので、色の違いで分けられている訳ではありません。

「しらたき」について詳しく

「しらたき」について詳しく

「しらたき」とは「糸こんにゃく」の製造過程と同じように水や凝固剤である水酸化カルシウムを加えてよく練り合わせたあとの、まだ固まる前の状態のゼリー状のものを、円筒の空いている穴から「ところてん」のように押し出して湯で固めたものを指します。

「こんにゃく」が穴から出てくる様子が白糸の滝のように見えたことから「白滝(しらたき)」と名付けられたと言われています。また、この「ところてん」のように押し出すという製造方法から2~3mmほどの太さになります。

「糸こんにゃく」とは反対に「しらたき」に関しては白いものと捉えられてしまいがちですが、「しらたき」にも黒いものがあります。

「糸こんにゃく」と「しらたき」の違い

「糸こんにゃく」と「しらたき」の違い

製造方法の違い

現在では製造方法による違いはありませんが、昔は「糸こんにゃく」と「しらたき」では製造方法に違いがありました。

「糸こんにゃく」は「板こんにゃく」にした後にこれを細い糸状に切ったもの、「しらたき」は製造過程で「こんにゃく」が完全に固まる前のゼリー状のものを円筒の空いている穴から「ところてん」のように押し出して湯で固めたものでした。

また、この製造方法の違いから「糸こんにゃく」は4~8mmほどの太さ、「しらたき」は2~3mmほどの太さになっていました。

発祥と呼称する地域の違い

「糸こんにゃく」と「しらたき」ともに江戸時代ごろに作られたもので「糸こんにゃく」は関西地方、「しらたき」は関東地方で主に作られており、地域による違いがありました。

現在では製造方法による違いはありませんが、これが影響して関西地方のメーカーでは「糸こんにゃく」として販売、呼称することが多く、関東地方のメーカーでは「しらたき」として販売、呼称することが多いです。

また、細長い「こんにゃく」を指して「これは何ですか?」と訊いたときに出身地が影響して、関西地方出身の方は「糸こんにゃく」、関東出身の方は「しらたき」と呼ぶことが多いです。

現在では「糸こんにゃく」と「しらたき」は同じもの

現在では「糸こんにゃく」と「しらたき」は同じもの

上記のように原材料は同じながらも製造方法の違いから、「糸こんにゃく」「しらたき」とされていましたが、現在では両者とも細い穴に通して作っているので、製造方法や、それぞれの太さに違いが無くなっており、また規格が定められていません。

なので、現在では「糸こんにゃく」と「しらたき」は同じものを指すことが多いです。

「糸こんにゃく」は黒、「しらたき」は白という色による違いも、「糸こんにゃく」にも白色のものが、「しらたき」にも黒色のものあるので、色の違いで区別されているわけでもありません。

「糸こんにゃく」と「しらたき」の違いは何?まとめ

「糸こんにゃく」と「しらたき」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 糸こんにゃく」:「こんにゃく芋」をすり潰したもの、もしくは「こんにゃく精粉」と呼ばれる「こんにゃく芋」を乾燥させて粉状にしたものに水や凝固剤である水酸化カルシウムを加えてよく練り合わせ、型や袋などに入れて熱をかけて「板こんにゃく」にし、これを細い糸状に切ったもの
  • しらたき」:「糸こんにゃく」の製造過程と同じように水や凝固剤である水酸化カルシウムを加えてよく練り合わせたあとの、まだ固まる前の状態のゼリー状のものを、円筒の空いている穴から「ところてん」のように押し出して湯で固めたもの

昔は製造方法の違いから区別がされていた「糸こんにゃく」と「しらたき」ですが、現在では規格も定まっておらず、製造方法による違いも無いため同じものと考えて良さそうです。

ただ、「糸こんにゃく」は関西地方、「しらたき」は関東地方で主に作られていたということから、出身地の影響を受けて「糸こんにゃく」「しらたき」と呼ぶ人が左右されるようです。