違い

「一所懸命」と「一生懸命」の違いは何?

一所懸命」と「一生懸命」、どちらも日常的に良く使われる言葉ですが、何が違うのかご存知でしょうか。

「所」と「生」の1文字だけの違いですが、微妙に意味が異なっています。

この記事で「一所懸命」と「一生懸命」の違いや、その使い分けについて見ていきましょう。

「一所懸命」と「一生懸命」の違い

「一所懸命」と「一生懸命」の違い

「一所懸命」と「一生懸命」の違いは以下の通りです。

  • 一所懸命」:命がけで物事に取り組む、一箇所を懸命に守る、土地を守る、切羽詰まった状態
  • 一生懸命」:命がけで物事に取り組む

「一所懸命」と「一生懸命」は両者とも命がけで物事に取り組むという意味を持っていますが、「一所懸命」に関してはその由来から一箇所を懸命に守る、土地を守る、切羽詰まった状態という意味も持っています。

現在では命がけで物事に取り組むという意味が専ら使われることが多いですが、「一所懸命」の他の意味も使われる場面もあります。一箇所を懸命に守るなどのニュアンスであれば「一生懸命」よりも「一所懸命」を使う方が適当ですし、歌舞伎の挨拶などでは「一生懸命」ではなく「一所懸命」が使われます。

また、意味に関しては同じなので、日常生活においてどちらを使っても問題ありません。

「一所懸命」「一生懸命」とは

「一所懸命」「一生懸命」とは

「一所懸命」について詳しく

「一所懸命」にはは中世(鎌倉時代ごろ)においては、一箇所を懸命に守る、土地を守る、切羽詰まった状態、現代では命がけで物事に取り組むという意味があります。

読み方は「イッショケンメイ」です。

今でこそ、物事を命がけでやる、という意味で使われることが多いですが、「一所懸命」という言葉は、中世(鎌倉時代の頃)の武士たちが将軍から預かったり、先祖代々から伝わっている土地を命懸けで守ったことに由来しています。

その土地を守るという意味から、だんだんと広い意味を持つようになり、命がけで物事に取り組むという意味を持つようになりました。

「一生懸命」について詳しく

「一生懸命」には命がけで物事に取り組むという意味があります。

読み方は「イッショウケンメイ」です。

「一生懸命」は「一所懸命」の「一所」を「一生」と伸ばして読んだことから広まった言葉で、「一所懸命」の意味を受け継いでいます。

「一生懸命」という言葉が使われ始めた当初は「一所懸命」が正しく「一生懸命」は誤用とされていましたが、「一所」ではなく「一生」という言葉を使ったほうが、ニュアンス的には意味が伝わりやすく、「一生懸命」の方が多く使われるようになったことから、誤用ではなくなりました。

新聞や雑誌などでは「一所懸命」ではなく「一生懸命」に統一されています。

「一所懸命」と「一生懸命」の違いは何?まとめ

「一所懸命」と「一生懸命」の違いについて見ていきました。

言葉 意味 成り立ち
「一所懸命」 命がけで物事に取り組む
一箇所を懸命に守る、土地を守る、切羽詰まった状態
中世(鎌倉時代の頃)の武士たちが将軍から預かったり、先祖代々から伝わっている土地を命懸けで守ったことから
「一生懸命」 命がけで物事に取り組む 「一所懸命」の「一所」を「一生」と伸ばして読んだことから広まった言葉

意味に微妙な違いがありますが、「一所懸命」と「一生懸命」どちらを使っても問題はありません。また、会社人間のこおをこれを真似て「一社懸命」というような使い方も見かけますね。

ぜひ、参考にされて見てくださいね。