違い

「関心」と「感心」の違いは何?

関心」と「感心」どちらも「かんしん」と読みますが、何かに書く際にどちらを書けば良いのか迷ったことはないでしょうか。

知っているようで意外と知らないこれらの言葉は、書き間違えが多いので使い分けには注意が必要です。

この記事では「関心」と「感心」2つの言葉の意味の違いや使い方についてまとめています。

「関心」と「感心」の違い

「関心」と「感心」の違い

「関心」と「感心」の違いは以下の通りです。

  • 関心」:興味を持つこと、気を引かれること
  • 感心」:優れたことに心を打たれること、呆れること

「関心」と「感心」どちらも「かんしん」と読む同音異義語になりますが。それぞれの意味に関して簡単にまとめて見ますとこのような感じになります。似ているようで似ていない両者の違いについて詳しく見ていきましょう。

「関心」「感心」とは

「関心」「感心」とは

「関心」について詳しく

「関心」とは物事に興味を持つこと、物事に対して気にかけたり、注意を向けたりすることを指します。

「関心」は「関わる心」と書きます通り、何かの物事に興味を惹かれたり、気にかけたりと、いずれも心の動きに関する事柄に使われています。

分かりやすいのが「無関心」という言葉で、物事に興味がないことを意味していますが、それの反対と考えると「関心」の意味についてなんとなく理解する事ができます。

その他にも「関心」を「興味を惹かれる」や「好奇心をそそられる」などの言葉で置き換えると分かりやすいと思います。

「感心」について詳しく

「感心」とは優れたものに感動すること、心動かされること、うずうしさに呆れることを指します。

「感心」には優れたものに感動すること、ずうずうしさに呆れることといった意味があり、褒める意味がある一方で、呆れるといった意味があります。

1つ目の意味で分かりやすいのが「すごいなぁ」「立派だなぁ」「素晴らしいなぁ」といった言葉に置き換えると分かりやすいです。2つ目の意味は「あまりの酷さに感心する」といった使い方がされます。揶揄した表現なので、文脈で判断して意味を理解していきましょう。

「関心」と「感心」の違いは何?まとめ

「関心」と「感心」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 関心」:興味を持つこと、気を引かれること
  • 感心」:優れたことに心を打たれること、呆れること

「関心」に関しては「興味」、「感心」に関しては「すごい、褒める・呆れる」とそれぞれ簡単に覚えておくとこれから使い分けをするときに何かと便利だと思います。

「配布」と「配付」の違いは何?「配布」と「配付」、どちらもプリントや資料、ビラなどを配る際に使われる言葉ですが、この違いは何かご存知でしょうか。 同じ意味に思わ...
「聞く」と「聴く」と「訊く」の違いは何?「きく」という言葉の漢字にはいくつかの種類があり、「聞く」「聴く」「訊く」の3種類があります。 この中でも「聞く」は日常的に使う機...
「観賞」と「鑑賞」の違いは何?「かんしょう」という言葉は「観賞」と「鑑賞」の2種類の漢字の表現することができます。 しかし、「映画をかんしょうする」という文のと...