違い

「違法」と「不法」の違いは何?

「違法」と「不法」の違い

「違法」と「不法」の違い

「違法」と「不法」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 違法」:法律や規定などに違反すること
  • 不法」:法律や規定に違反すること、道理や道義、道徳に背くこと

「違法」と「不法」の意味は基本的に同じですが、「不法」には「違反」と共通した意味に加えて反社会的なニュアンスがあるものに対して使われるという特徴があります。

また「違法」はその行為に関して適切な方法がある場合に、それに対を成すものとして使われます。そのため、その行為自体が法律や規定などに違反している場合には「違法」という言葉はあまり使われません。

「違法」「不法」とは

「違法」「不法」とは

「違法」について詳しく

「違法」とは法律や規定などに違反することです。

「違法」は「法律や定められている規定などに違反すること」で、対義語は「適法」です。

世の中には様々な違法行為がありますが、「違法」という言葉が使われるのは、その行為に関して適切な方法、つまり「適法」がある場合に使われます。そのため、それ自体が既に違法行為である場合には、「違法」という言葉は使われにくいという特徴があります。

誘拐」や「盗撮」などはそれ自体が既に違法行為であるために「違法誘拐」「違法盗撮」とは言わず、「駐車」などに関しては適切な駐車方法があるため、これに外れた「駐車」をしてしまった場合には、それを「違法駐車」と呼称します。

「不法」について詳しく

「不法」とは法律や規定に違反すること、道理や道義、道徳に背くことです。

「不法」の意味は基本的に「違法」と変わりませんが、共通した意味に加えて「道理や道義、道徳に背くこと」という意味が追加されており、「違法」とはそのように使い分けがされます。

「不法投棄」「不法侵入」など、「違法」だけでなく反社会的なニュアンスがあるものに対して、「不法」は主に使われます。

「違法」と「不法」の違いは何?まとめ

違法 意味】法律や規定などに違反すること
備考】対義語は「適法」。「違法」は、その行為に関して「適法」がある場合に使われる
不法 意味】法律や規定に違反すること、道理や道義、道徳に背くこと
備考】違法」だけでなく反社会的なニュアンスがあるものに対して使われる

「違法」と「不法」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「保証」と「保障」と「補償」の違いは何?日本語には同じ読み方でも意味が異なる、同音異義語というものが数多くあり、使い分けが難しいものがいくつかあります。「保証」「保障」「補償」...
「検討」と「見当」の違いは何?何かを考えたり、推測したりすることを「検討」「見当」と言いますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。読み方が両者とも「けんとう」なので...
「標高」と「海抜」の違いは何?「標高」と「海抜」の違いは何かご存知でしょうか。どちらも高さを表すものですが、どんな違いがあるのか分からないという方が多いのではないかと...