違い

「市場(いちば)」と「市場(しじょう)」の違いは何?

「市場」には「いちば」と「しじょう」の2つの読み方がありますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。ほとんど同じ意味で使われていますが、ニュースなどではこれら2つの読み方が、その時々に応じて使い分けがされていますよね。

この記事で、そんな気になる「市場(いちば)」と「市場(しじょう)」の違いについて見ていきましょう。

「市場(いちば)」と「市場(しじょう)」の違い

「市場(いちば)」と「市場(しじょう)」の違い

「市場(いちば)」と「市場(しじょう)」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 市場(いちば)」:商人が定期的に集まり商いを行う場所のこと
  • 市場(しじょう)」:商人が様々な手段を用いて商いを行う場所のこと、またこれに類似した社会機構や経済的な機能のこと

基本的な意味は「市場(いちば)」も「市場(しじょう)」も変わりませんが、「市場(いちば)」は特にその場所のこと、「市場(しじょう)」は「市場(いちば)」に類似した社会機構や経済的な機能のことを指すことが多いです。

「市場(いちば)」「市場(しじょう)」とは

「市場(いちば)」「市場(しじょう)」とは

「市場(いちば)」について詳しく

「市場(いちば)」とは商人が定期的に集まり商いを行う場所のことです。

「市場(いちば)」は、商人たちがその場所に定期的に集まって商いをし、買い手がその商品を直接購入する取引の場のことです。取引される商品は多岐に渡り、果物、野菜、魚介類、洋服、骨董品、アクセサリーなどがあります。

「市場(いちば)」には、買い手と売り手の両者が物理的に集い、買い手に関してはその商品の状態などを直接確認して購入できるという特徴があります。

しかし昨今では、上記のような意味で使われている「市場(いちば)」も、後述する「市場(しじょう)」に意味が吸収されつつあり、「築地市場(つきじしじょう)」など「市場(しじょう)」の方が使われる頻度が多くなっています。

「市場(しじょう)」について詳しく

「市場(しじょう)」とは商人が様々な手段を用いて商いを行う場所のこと、またこれに類似した社会機構や経済的な機能のことです。

「市場(いちば)」に関しては商人が定期的に集まり商いを行う物理的な場所のことですが、「市場(しじょう)」はこれを含めて、様々な手段を用いて商いを行う場所のことを指します。現実世界にそういった特別な建造物はなくとも、インターネット、ネットワークなどを利用して買い手と売り手で取引、商いを行います。

またこれによって「市場(いちば)」で取り扱われていた果物、野菜、魚介類、洋服、骨董品、アクセサリーなど以外にも、株、為替などの実際には存在しないものに関しても取引をすることが可能となっており、直接顔を合わせる必要もなく、オンライン上で全て済ませることができます。

ただ、地域によっては「市場(いちば)」や「市場(しじょう)」という呼称で根付いている場所もあるため、その場合は適宜合わせる必要があります。

「市場(いちば)」と「市場(しじょう)」の違いは何?まとめ

市場(いちば) 【意味】商人が定期的に集まり商いを行う場所のこと
【備考】買い手と売り手の両者が物理的に集う
市場(しじょう) 【意味】商人が様々な手段を用いて商いを行う場所のこと、またこれに類似した社会機構のこと
【備考】インターネット、ネットワークなどを利用するため、直接会う必要がない

「市場(いちば)」と「市場(しじょう)」の違いはについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「知識」と「知恵」の違いは何?「知識」と「知恵」の違いは何かご存知でしょうか。似たような言葉なため、混同したり、同一のものとして考えてしまうこともあるとは思いますが、...
「省略」と「割愛」の違いは何?「省略」と「割愛」の違いは何かご存知でしょうか。どちらも「何かを省く」という意味を持っており、同じ意味として扱われることもありますが、そ...
「修正」と「訂正」の違いは何?何かの書類の間違いを直すときに「修正」「訂正」という言葉をしばしば使いますが、これらは何が違うのかご存知でしょうか。 同じ意味に思...