違い

「標高」と「海抜」の違いは何?

標高」と「海抜」の違いは何かご存知でしょうか。どちらも高さを表すものですが、どんな違いがあるのか分からないという方が多いのではないかと思います。

この記事で、「標高」と「海抜」の違いについて見ていきましょう。

「標高」と「海抜」の違い

「標高」と「海抜」の違い

「標高」と「海抜」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 標高」:日本においては東京湾の平均海面を0mの基準面としたそれより上の高さのこと
  • 海抜」:近くの港湾などの海水面の平均海面を基準としたそれより上の高さのこと

「標高」と「海抜」とでは基準となる海水面が違いますが、様々な都合から実際には同じであることが多いようです。次の段落で詳しく見ていきます。

「標高」「海抜」とは

「標高」「海抜」とは

「標高」について詳しく

「標高」とは日本においては東京湾の平均海面を0mの基準面としたそれより上の高さのことです。

その国々によって「標高」を測定するための基準となるものは違います。

基準となっている東京湾平均海面のことを「T.P. (ティービー)」と言います。日本の「標高」は東京湾の平均海面を0mの基準面としたそれより上の高さのことを指しますが、海面は波の影響もあって正確な数値を測定することが難しいため、実際には、国会議事堂の前庭に設置されている「日本水準原点(標高24.3900m)」を基準点として計測されます。

更に、この「日本水準原点」を基準に、全国各地の道路沿いにはおよそ2kmごとに「水準点」が設置されており、これを元に計測がされています。

「海抜」について詳しく

「海抜」とは近くの海水面の平均海面を基準としたそれより上の高さのことです。

「標高」は土地や山の高さなどを表す際に主に使われますが、「海抜」は津波や高潮などの災害に関する事柄で主に使われます。

「標高」は東京湾の平均海面を0mの基準面としたそれより上の高さのこと、「海抜」は近くの海水面の平均海面を基準としたそれより上の高さのこととされていますが、実際には「標高」と「海抜」の違いによって不都合が生じることがあるため、一部の離島を除いて「海抜」も「標高」と同じ基準で測定されることが多く、「標高」も「海抜」も同じであることが多いです。

これによって高さは同じになりますが、「海抜」は災害に関する事柄で使われるため、正確な数値でないと注意喚起をすることができないという観点から「海抜○○m」と記載がされている後ろに、「N.P.〇〇m」「O.P.〇〇m」のように、近くの海水面の平均海面を基準としたそれより上の高さが記されていることがあります。「N」と「O」はこの地域のことを表しており、この場合「N」は名古屋、「O」は大阪を表しています。

「標高」と「海抜」の違いは何?まとめ

「標高」と「海抜」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「標高」 日本においては東京湾の平均海面を0mの基準面としたそれより上の高さ 海面は波の影響もあって正確な数値を測定することが難しいため、実際には、国会議事堂の前庭に設置されている「日本水準原点(標高24.3900m)」を基準点として計測される
「海抜」 近くの港湾などの海水面の平均海面を基準としたそれより上の高さ 実際には「標高」も「海抜」も同じであることが多い

ぜひ、参考にされて見てください。

「炭水化物」と「糖質」の違いは何?「炭水化物抜きダイエット」や「糖質制限ダイエット」など、それを含む物の摂取を抑えるダイエットがいっとき流行りましたが、これらの「炭水化物...
「冒険」と「探検」の違いは何?未知の世界を調べるというような意味を持つ言葉に「冒険」と「探検」という言葉がありますが、これらの違いはご存知でしょうか。 言葉が違...
「高潮」と「高波」と「津波」の違いは何?「高潮」と「高波」と「津波」の違いは何かご存知でしょうか。どれも危険なものには変わりありませんが、具体的な違いとなると難しいところです。...