違い

「ホテル」と「旅館」の違いは何?

旅行に出かける際には旅先もとても重要ですが、それと同じくらい重要なものに宿泊施設があります。しかし、宿泊施設と言っても「ホテル」「旅館」などと名称が異なりますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。

それぞれの名称は知っていても具体的な違いとなると知らないという方が多いと思います。

この記事で、「ホテル」と「旅館」の違いについて見ていきましょう。

「ホテル」と「旅館」の違い

「ホテル」と「旅館」の違い

「ホテル」と「旅館」の違いは以下の通りです。

  • ホテル」:主に洋式の設備・構造をした宿泊・休憩・飲食などのサービスを提供する客室の数が10室以上、客室床面積が1室9平方メートル以上を有する宿泊施設
  • 旅館」:主に和式の設備・構造をした宿泊・休憩・飲食などのサービスを提供する客室の数が5室以上、客室床面積が1室7平方メートル以上を有する宿泊施設

「ホテル」と「旅館」は主に洋式か和式かの構造の違い、規模の違いがあります。

「ホテル」「旅館」とは

「ホテル」「旅館」とは

「ホテル」について詳しく

「ホテル」とは旅行や出張などで訪れたお客に対して、宿泊・休憩・飲食などのサービスを提供する施設のことを指します。

旅館営業法では洋式の構造及び設備を主とする施設を設け、宿泊料を受けて、人を宿泊させる施設と記載がされており、寝具やトイレなどの設備・構造が洋式で、客室の数が10室以上、客室床面積が1室9平方メートル以上、宿泊者の需要を満たすことができる適当な数の洋式浴室またはシャワー室があり、出入り口や窓が鍵をかけることができ、客室と他の客室、廊下との境は壁造りである、と定義がされています。

「ホテル」と言ってもその用途によって名称が変わり「カプセルホテル」「観光ホテル」「シティホテル」「ビジネスホテル」「ラブホテル」「リゾートホテル」などの「ホテル」があります。

「旅館」について詳しく

「旅館」とは旅行や出張などで訪れたお客に対して、宿泊・休憩・飲食などのサービスを提供する施設のことを指します。用途や役割に関しては前述の「ホテル」と変わりませんが、施設の設備や構造に違いがあります。

「旅館」は設備・構造が主に和式で、客室の数が5室以上、客室床面積が1室7平方メートル以上、宿泊者の需要を満たすことができる適当な規模の入浴設備があり、適当な数のトイレを有する、などの定義がされています。

「旅館」にも多くの種類があり「駅前旅館」「温泉旅館」「割烹旅館」「観光旅館」などがあります。

また、これらとは別に「フロントやこれに準ずる設備を有すること」「共同トイレの場合は男性用と女性用で分けられていること」この2つが「ホテル」と「旅館」の共通ルールが存在します。

「ホテル」と「旅館」の違いは何?まとめ

「ホテル」と「旅館」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • ホテル」:主に洋式の設備・構造をした宿泊・休憩・飲食などのサービスを提供する客室の数が10室以上、客室床面積が1室9平方メートル以上を有する宿泊施設
  • 旅館」:主に和式の設備・構造をした宿泊・休憩・飲食などのサービスを提供する客室の数が5室以上、客室床面積が1室7平方メートル以上を有する宿泊施設

同じ宿泊施設でも特徴に違いがあります。ぜひ、参考にされて見てください。

「バルコニー」と「ベランダ」と「テラス」の違いは何?洗濯物を干したり、家庭菜園をすることができる家屋の一部を「バルコニー」「ベランダ」「テラス」などとそれぞれ言いますが、これらの違いは何な...
「アパート」と「マンション」の違いは何?「アパート」と「マンション」は何が違うのかご存知でしょうか。 何となくの違いは分かっていても、明確な基準や定義、違いとなると「う〜...
「1R」と「1K」と「1DK」と「1LDK」の違いは何?日本ではアパートやマンション、戸建ての間取りを表す際には「1R」「1K」「1DK」「1LDK」などの数字と英語で表記されたものを使います...