違い

「褒める」と「誉める」の違いは何?

褒める」と「誉める」の違いは何かご存知でしょうか。どちらも「ほめる」と読み、また似たような意味を持っているので、どちらを使えば良いのか、その使い分けで迷うことがあると思います。

この記事で、「褒める」と「誉める」の違いについて見ていきましょう。

「褒める」と「誉める」の違い

「褒める」と「誉める」の違い

「褒める」と「誉める」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 褒める」:その人物の良い行いや優れている点を良しとしてその気持ちを表すこと
  • 誉める」:その人物の良い行いや優れている点を良しとしてその気持ちを表すこと、受賞や勝利、偉業などを成し遂げた事を称えること

「褒める」と「誉める」の基本的な意味は同じですが、使い分けをする場合は「誉める」は「受賞や勝利、偉業などを成し遂げた事を称えること」として使われます。また、「褒める」は「常用漢字」ですが、「誉める」は「常用漢字」ではない、という違いがあります。

「褒める」「誉める」とは

「褒める」「誉める」とは

「褒める」について詳しく

「褒める」とはその人物の良い行いや優れている点を良しとしてその気持ちを表すことです。

「褒める」は良い行いや優れている点を良いものとしてその気持ちを表すことで、「素晴らしい」「凄い」「頑張ったね」などの言葉で相手に伝えられます。「褒める」は相手の事を評価する言葉でもあるので、自分より目上の立場にある方には使われず、使ってしまうと失礼に当たるので注意です。

後述する「誉める」とは一応の使い分けられ方があるものの、基本的な意味に関しては同じなので、どちらを使っても問題ありませんが、「褒める」は「常用漢字」なので、公用文などではこちらの「褒める」が使われます。ここで言う「常用漢字」とは、新聞や雑誌、役所などの公用文で一般的に使われるもので、社会における漢字の使用目安となる項目のことです。

「誉める」について詳しく

「誉める」とはその人物の良い行いや優れている点を良しとしてその気持ちを表すこと、受賞や勝利、偉業などを成し遂げた事を称えることです。

「誉める」は「褒める」の意味も内包されており、その意味で使われることも多いですが、「褒める」との使い分けをする場合は「受賞や勝利、偉業などを成し遂げた事を称えること」として使われます。「誉」が使われている「栄誉」「名誉」などの言葉でも使われているように、「評判の良いこと」「皆んなでほめ称えること」という意味があります。

なので、この意味で使われる場合は目上の人であろうと使うことができますが、「褒める」と同じ意味で使う場合は失礼に当たるので注意です。

また、「誉める」は「常用漢字」ではないため、日常的に使われることはありますが、公用文などでは使われません。

「褒める」と「誉める」の違いは何?まとめ

褒める 【意味】その人物の良い行いや優れている点を良しとしてその気持ちを表すこと
【備考】目上の人に使うと失礼に当たる。「常用漢字」
誉める 【意味】その人物の良い行いや優れている点を良しとしてその気持ちを表すこと、受賞や勝利、偉業などを成し遂げた事を称えること
【備考】後者の意味であれば目上の人であろうと使うことができ。「常用漢字」ではない

「褒める」と「誉める」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「放す」と「離す」の違いは何?「はなす」という言葉には、「放す」と「離す」の2種類の漢字を充てることができますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。これらに漢字があ...
「怖い」と「恐い」の違いは何?「怖い」と「恐い」、両者ともに「こわい」と読みますが、この2つの違いは何かご存知でしょうか。 意味に関しては何となく分かっていても...
「始め」と「初め」の違いは何?何かの文章を書く際に「始め」と「初め」の使い分けで迷ったことはないでしょうか。意外とこの使い分けが難しく混同している方が多い印象です。 ...