違い

「帰省」と「帰郷」の違いは何?

大型連休になるとテレビでよく聞いたり、耳にしたりするのが「帰省」という言葉。なんとなくの意味で「故郷に帰る」という認識で使っている方が多いですが、実はそれ以外にも意味があるんです。

また同じような意味で使われている「帰郷」という言葉がありますが、こちらとは意味にどのような違いがあるのか気になりますよね。

この記事で、「帰省」と「帰郷」の違いについて見ていきましょう。

「帰省」と「帰郷」の違い

「帰省」と「帰郷」の違い

「帰省」と「帰郷」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 帰省」:一時的に親元へ戻ること、父母の安否を確認するために一時的に親元へ戻ること
  • 帰郷」:長期間生まれ故郷に戻る、生まれ故郷に生活の拠点を移すこと

ポイントは「長期間」なのか「一時的」なのか、「生まれ故郷」なのか「父母のもと」なのかにあります。

もう1つ似たような意味の言葉で「里帰り」という言葉がありますが、こちらは結婚して実家を離れた女性が実家に戻ることを指す言葉となっています。昔は「初めて実家に戻る」ということでしたが、現在ではそういった縛りはなく、結婚している女性が何らかの目的で実家に戻ることを指すようになりました。

しかし例外として、海外で生活している人が故郷である国に帰る際にも「里帰り」が使われますが、その場合は男性か女性か、結婚しているか結婚していないかは関係なく使うことができます。

「帰省」「帰郷」とは

「帰省」「帰郷」とは

「帰省」について詳しく

「帰省」とは一時的に親元へ戻ること、父母の安否を確認することです。

「帰省」は「きしょう」ではなく「きせい」と読むので注意です。

遠く離れた地や県外などから父母の安否を確認するために一時的に親元へ戻ることを指しています。この「帰省」の意味でのポイントが「一時的」という部分です。

大型連休の際に「帰省ラッシュ」という言葉を良く聞きますが、この大型連休が終わる頃には、「帰省」している方々は元の家に戻りますよね。ずっと故郷にいるというわけではなく、ある程度経ったら住んでいた家に戻るのが「帰省」になります。

また、「親元へ戻る」という意味なので、その帰省先が自身の生まれ故郷であったかは無関係となっています。

「帰郷」について詳しく

「帰郷」とは長期間生まれ故郷に戻ること、生まれ故郷に生活の拠点を移すことです。

こちらの「帰郷」の意味でのポイントとなるのが「長期間」という部分です。一般的には数日程度戻るのでは「帰郷」とは言いません。「長期間」なのか「一時的」なのか、その部分で「帰省」と「帰郷」の使い方が分かれていきます。

また、この「帰郷」に関しては「生まれ故郷に戻ること」に重きを置いているので、そこに父母がいるかいないかは無関係となっています。

「帰省」と「帰郷」の違いは何?まとめ

「帰省」と「帰郷」の意味や使い方について見ていきました。

呼称 意味 備考
「帰省」 一時的に親元へ戻ること、父母の安否を確認するために一時的に親元へ戻ること 「親元へ戻る」という意味なので、その帰省先が自身の生まれ故郷であったかは無関係
「帰郷」 長期間生まれ故郷に戻る、生まれ故郷に生活の拠点を移すこと 「生まれ故郷に戻ること」に重きを置いているので、そこに父母がいるかいないかは無関係

今まで特に何も考えずに混同して使っていましたが、両者にはしっかりと意味に違いがありました。意味をちゃんと知っている人が聞いたら勘違いではないですが、こちらの考えとは違う考えを抱いてしまうので、これを機に意味についてしっかりと理解していきたいですね。

「解放」と「開放」の違いは何?「解放」と「開放」、どちらも「かいほう」と読みますが、この2つの違いは何かご存知でしょうか。 使い分けが難しいこれらの言葉ですが、...
「適用」と「適応」の違いは何?「適用」と「適応」は何が違うのかご存知でしょうか。 何かに当てはめたり、当てはまったりする際に使われる言葉ですが、使い分けの際にど...
「震度」と「マグニチュード」の違いは何?地震が発生するとニュース速報で、発生場所と影響の及ぶ地域、そして「震度」「マグニチュード」が発表されます。 しかし、「震度」と「マ...