違い

「筆者」と「著者」の違いは何?

筆者」と「著者」の違いは何かご存じでしょうか。主に、文章を書いた方のことを指すこれらの言葉ですが、具体的にはどんな違いがあるのか知らないという方が多いのではないでしょうか。

この記事で、「筆者」と「著者」の違いについて見ていきましょう。

「筆者」と「著者」の違い

「筆者」と「著者」の違いは以下の通りです。

「筆者」と「著者」の違い
  • 筆者」:文章や論文、書画などを書いた人
  • 著者」:書物を書き著した人

これだけだと詳しい違いが分からないので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

「筆者」「著者」とは

「筆者」「著者」とは

「筆者」について詳しく

「筆者」とは文章や論文、書画などを書いた人を指します。

基本的に「筆者」とは、文章や論文、書画などを書いた人のことを指しますが、後述する「著者」とはしばしば使い分けがされます。

  • 文章や論文、書画などを書いた人
  • 自分の考えや、独自の考察が入ったもので、一人称で使用することが出来る
  • 書籍化されていない

新聞のコラムなど、自分の考えや、独自の考察を述べる時には「筆者」を使います。その反対に、自分の考えではなく客観的な事実を述べた場合は「著者」を使います。またこれに伴い、文章中で「筆者」は「筆者の考えでは…」などの一人称として使用することが出来ますが、「著者」は「著者の考えでは…」のように一人称では使用することはできません。

また、「筆者」には書籍化される予定がない、もしくはこれから書籍化する際の文章を書いている人のことを指す言葉でもあり、「著者」は書籍化されたもの、すでに刊行された方のことを指します。

「著者」について詳しく

「著者」とは書物を書き著した人を指します。

「筆者」の項でも触れましたが、「筆者」と「著者」は使い分けがされます。

  • 書物を書き著した人
  • 自分の考えではなく客観的な事実を述べたもので、一人称として使用することが出来ない
  • 書籍化されている

「筆者」とは異なり、自分の考えではなく客観的な事実を述べたものに使用し、一人称として使用する事は出来ません。また、書籍化された文章に使う、という大きな違いもあります。

「筆者」「著者」と同じようなものに「作者」という言葉がありますが、「作者」は文章以外のものに使用することが出来るのが大きな違いです。文章で使用する場合は「著者」と基本的に同じです。

「筆者」と「著者」の違いは何?まとめ

「筆者」と「著者」の違いについて見ていきました。

「筆者」 文章や論文、書画などを書いた人。自分の考えや、独自の考察が入ったもので、一人称で使用することが出来る。書籍化されていない
「著者」 書物を書き著した人。自分の考えではなく客観的な事実を述べたもので、一人称として使用することが出来ない。書籍化されている

ぜひ、参考にされて見てください。

「畳」と「帖」と「平米」の違いは何?アパートやマンションなどの間取りを見ると「5畳」と「10帖」という表記で、その部屋の広さが表されます。これの大小でその部屋がどんなものか...
「来週」と「次週」と「翌週」の違いは何?次の週を表す言葉として「来週」「次週」「翌週」の3つがありますが、これらは何が違うのかご存知でしょうか。どれも同じ意味じゃないの?と思わ...
「氾濫」と「決壊」の違いは何?台風や大雨などの影響から川の水が増え、その結果「氾濫」や「決壊」といった大きな災害に繋がります。 しかし、報道などでよく聞くこれら...