違い

「被疑者」と「容疑者」の違いは何?

「被疑者」と「容疑者」の違い

「被疑者」と「容疑者」の違い

「被疑者」と「容疑者」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 被疑者」:警察から犯罪をしたのではないか、その疑いをかけられて捜査の対象になっているものの起訴には至っていないもの。法令用語
  • 容疑者」:警察から犯罪をしたのではないか、その疑いをかけられて捜査の対象になっているものの起訴には至っていないもの。法令用語ではない

基本的な意味は「被疑者」も「容疑者」も同じですが、前者は法令用語ですが、後者は法令用語ではありません。

「容疑者」は法令用語ではありませんが、「被疑者」の発音や見た目が「被害者」と似ているため、聞き間違えや見間違えを避ける目的から、テレビやニュースなどでは主にこちらが使われます。

「被疑者」「容疑者」とは

「被疑者」「容疑者」とは

「被疑者」について詳しく

「被疑者」とは警察から犯罪をしたのではないか、その疑いをかけられて捜査の対象になっているものの起訴には至っていないものです。

後述する「容疑者」と基本的な意味は同じですが、「被疑者」に関しては正式な法令用語で、警察などの公的な機関、裁判所などではこちらの「被疑者」が使われます。

「被疑者」は犯罪の容疑がかけられているだけの状態なので、実際に犯罪を起こしたかどうかはまだ未定で、裁判で有罪と判決が下らなければ犯罪者として扱われることはありません。

基本的には「容疑者」ではなく「被疑者」の呼称を用いますが、出入国管理及び難民認定法違反の疑いで調査される外国人に対しては、「被疑者」ではなく「容疑者」の呼称を使う、という決まりがあります。

「容疑者」について詳しく

「容疑者」とは警察から犯罪をしたのではないか、その疑いをかけられて捜査の対象になっているものの起訴には至っていないものです。

「容疑者」は前述の通り、「被疑者」と基本的な意味は同じですが、マスコミやニュースなどで使われることが多い分、私たちの耳にする機会が「被疑者」よりも「容疑者」の方が多いです。しかし、正式な法令用語ではないため、警察などの公的な機関、裁判所などでは使われることはない呼称です。

「容疑者」が使われるのは主にテレビや新聞などの報道機関で、1989年以降に使われるようになった言葉だとされています。それまでは該当する人物を実名で報道していましたが、それだと犯人と同じ扱いになってしまうということから「○○容疑者」などで報道をするようになりました。

正式な法令用語である「被疑者」を使って報道をしないのは、「被疑者」の発音や見た目が「被害者」と似ているため、聞き間違えや見間違えを避ける目的からだとされています。

「被疑者」と「容疑者」の違いは何?まとめ

被疑者 【意味】警察から犯罪をしたのではないか、その疑いをかけられて捜査の対象になっているものの起訴には至っていないもの
【備考】法令用語。警察などの公的な機関、裁判所などで主に使われる
容疑者 【意味】警察から犯罪をしたのではないか、その疑いをかけられて捜査の対象になっているものの起訴には至っていないもの
【備考】法令用語ではない。テレビやニュースなど主に使われる呼称。「被疑者」を使って報道をしないのは、「被疑者」の発音や見た目が「被害者」と似ているため、聞き間違えや見間違えを避ける目的から

「被疑者」と「容疑者」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「保存食」と「非常食」と「災害食」の違いは何?「保存食」と「非常食」と「災害食」の違いは何かご存知でしょうか。 どれも常温で長期保存が可能な食料ですが、具合的な違いについて知っ...
「調節」と「調整」の違いは何?「調節」と「調整」、どちらも何かを整えるという意味ですが、これらの違いは何かご存知でしょうか。日常的に使うことが多いこれらの言葉ですが、...
「死亡」と「死傷」の違いは何?ニュースなどで事件や事故が報道されると、「死亡」や「死傷」などの言葉を耳にすることがあります。「死亡」の意味については何となく分かるので...