違い

「ハイヒール」と「パンプス」の違いは何?

ファッション用語には様々なものがありますが、その中でもレディースの靴である「ハイヒール」と「パンプス」の違いは何なのかご存知でしょうか。

特に男性の方ですと履く機会があまりないので、こういった違いに関しては分からないことが多いですよね。

この記事で、「ハイヒール」と「パンプス」の違いについて見ていきましょう。

「ハイヒール」「パンプス」とは

「ハイヒール」「パンプス」とは

「ハイヒール」について詳しく

「ハイヒール」とは一般的に爪先よりも「かかと」部分が7cm以上高くなっている靴のことを指します。

「ハイヒール」の「ヒール」とは「かかと」という意味で、「かかと」が「高い」という意味になっています。

「ヒール」部分が7cm以上高くなっている靴のことを「ハイヒール」と呼ぶことから、その高さによって呼称が異なっており、3cm以下のものを「ローヒール」、4cm~6cmのものを「ミドルヒール」もしくは「ミディアムヒール」「中ヒール」と言います。

また、「ヒール」部分形状によっても呼称が異なっており、1本の棒状になっているものを「ピンヒール」、1本でも太めの形状になっているものを「チャンキーヒール」、靴底と繋がっているものを「ウェッジヒール」と言い、一口に言っても様々な種類があります。

「パンプス」について詳しく

「パンプス」とは履き口が大きく開いている、紐や留め具などない、「かかと」が覆われているなどの特徴を持った滑らせて履くタイプの女性用の靴の総称のことを指します。

「かかと」が覆われていない場合は「パンプス」ではなく「ミュール」もしくは「サンダル」と言います。

「パンプス」という名称は、馬車を操縦しやすい靴として作られ、馬車のブレーキペダルを踏む姿が水汲みポンプに似ていたことから、「パンプス」という名称になったとされています。

履き口が大きく開いていることによって、長時間座っていても足先の血行が塞がるということを防げるため、馬車の運転に適していました。

「ハイヒール」と「パンプス」の違い

「ハイヒール」と「パンプス」の違い

「ハイヒール」は高さを、「パンプス」は靴の種類をそれぞれ表しており、「ハイヒール」と「パンプス」は似ているようで似ていません。

しかし、中には「ハイヒール」と「パンプス」両方の特徴を備えている、「かかと」部分が7cm以上高くなっている「パンプス」の「ハイヒールパンプス」というものもあるので注意です。

また、「かかと」部分が7cm以上高くなっているものであれば何でも「ハイヒール」と言い、履き口が大きく開いている、紐や留め具などない、「かかと」が覆われているなどの特徴を持っていれば、どのような形状であれど「パンプス」と言います。

「ハイヒール」と「パンプス」の違いは何?まとめ

この記事のまとめ
  • 「ハイヒール」とは
    →一般的に爪先よりも「かかと」部分が7cm以上高くなっている靴のこと
  • 「パンプス」とは
    →履き口が大きく開いている、紐や留め具などない、「かかと」が覆われているなどの特徴を持った滑らせて履くタイプの女性用の靴の総称のこと

「ハイヒール」と「パンプス」はそれぞれに定義・特徴があり、それによって使い分けがされます。ぜひ参考にされて見てくださいね。