違い

「早生まれ」と「遅生まれ」の違いは何?

この記事では、「早生まれ」と「遅生まれ」の違いについて見ていきます。

「早生まれ」と「遅生まれ」の違い

「早生まれ」と「遅生まれ」の違い

「早生まれ」と「遅生まれ」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 早生まれ」:1月1日から4月1日の間に生まれた方を指す言葉のこと
  • 遅生まれ」:4月2日から12月31日の間に生まれた方を指す言葉のこと

「早生まれ」は「1月1日から4月1日の間」、「遅生まれ」は「4月2日から12月31日の間」に生まれた方をそれぞれ指します。

この違いによって、「早生まれ」の方と「遅生まれ」の方では、体や脳などの成長の仕方に違いがあり、また社会での取り決めや制度を受けることが出来る年齢にも違いが出ています。

「早生まれ」「遅生まれ」とは

「早生まれ」「遅生まれ」とは

「早生まれ」について詳しく

「早生まれ」とは1月1日から4月1日の間に生まれた方を指す言葉のことです。


「早生まれ」を「1月1日から4月1日の間に生まれた方」を指すのかについては、学校教育法の第一章第十七条に記載されている文言が関係しています。

保護者は、子の満六歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満十二歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校、義務教育学校の前期課程又は特別支援学校の小学部に就学させる義務を負う。

-学校教育法より引用

前提として、「早生まれ」「遅生まれ」は「年度(4月1日〜3月31日)」を基準にしており、上記の文言を簡単に説明しますと、小学1年生になるためには、6歳になった翌日以降に4月1日を迎えることが条件になっていると記載がされています。

そのため、「1月1日から4月1日の間に生まれた方」は、「遅生まれ」の「4月2日から12月31日の間に生まれた方」よりも、最長で1年近くも早く小学校に通うことになるため、「早生まれ」と言われている、ということになります。


「早生まれ」は、「1月1日から4月1日の間に生まれた方」を指す言葉ですが、学校や会社、社会に於いては、「1月1日から3月31日の間に生まれた方を指す言葉」として認識されている方が多いです。

「遅生まれ」について詳しく

「遅生まれ」とは4月2日から12月31日の間に生まれた方を指す言葉のことです。


「早生まれ」とは異なり、「遅生まれ」は、同じ学年でも先に生まれていることから、体や脳などが先に成長しているため、様々なメリットがあると言われています。

また、免許証を夏休みや冬休みを利用して取得することが出来たり、児童手当の支給回数が、「早生まれ」の方よりも多いなど、年齢の関係によってのメリットも数多くあります。


「早生まれ」で4月1日に生まれた方と、遅生まれで4月2日に生まれた方とでは、誕生日に関しては1日しか変わりませんが、実際には364日の差があります。(うるう年を含めると365日)

「早生まれ」と「遅生まれ」の違いは何?まとめ

早生まれ 意味】1月1日から4月1日の間に生まれた方を指す言葉のこと
備考】「1月1日から3月31日の間に生まれた方を指す言葉」として認識されている方が多い
遅生まれ 意味】4月2日から12月31日の間に生まれた方を指す言葉のこと
備考】「早生まれ」よりも様々なメリットがある

「早生まれ」と「遅生まれ」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「18金」と「24金」の違いは何?金には、「18金」「24金」というものがありますが、これらは何が違うかご存知でしょうか。耳にしたことはあるけど、どんな違いがあるのかは知...
「細菌」と「ウイルス」の違いは何?風邪を引いたり、インフルエンザにかかってしまう原因となるものに「細菌」「ウイルス」といったものがありますが、これらの違いは何かご存知でし...
「貼付」と「添付」の違いは何?「貼付」と「添付」の違い 「貼付」と「添付」の違いは以下の通りです。 同じ意味と思われてしまうことも多いですが、...