違い

「硬水」と「軟水」の違いは何?

硬水」「軟水」とはどのようなものかご存知でしょうか。

「水」には変わりありませんが、「硬水」と「軟水」これらがどんなものか知っているという方は意外にも少ないのではないかと思います。

この記事で「硬水」と「軟水」とは何なのか、その味や特徴について見ていきましょう。

「硬水」「軟水」とは

「硬水」「軟水」とは

「硬水」と「軟水」は水1リットルあたりに含まれている「マグネシウム」「カルシウム」の含有量によって分けられており、この含有量のことを「硬度」と言います。

この「硬度」を念頭に「硬水」と「軟水」について見ていきましょう。

「硬水」について詳しく

「硬水」の分類の基準となっているものは国によって異なりますが、日本では1リットルあたり100mg以上の「硬度」のものを指します。

「硬水」とは、つまり「マグネシウム」と「カルシウム」が多く含まれている水のことを指します。

日本では「アメリカ硬度」という計算式を採用しており、水1リットルあたりに含まれてる「マグネシウム」と「カルシウム」の量を計算式に当てはめて「硬度」を求めます。

「アメリカ硬度」の計算式

  • 「硬度」=1リットルあたりの「カルシウム」量(mg)×2.5+1リットルあたりの「マグネシウム」量(mg)×4.1

これはあくまでも日本での「硬水」の定義なので、他の国とは違うこともあり、WHO(世界保健機関)では「硬度」120mg以上を「硬水」と定めています。

水の「硬度」は水を形成する大地との関係が大きく、ヨーロッパやアメリカ大陸の南西部などの地形が緩やかで、地層に長い時間触れていると出来やすいとされており、日本でもできることはありますが多くは「硬水」ではありません。

「硬水」には「ミネラル」が多く含まれており、肉がメインとなることが多い西欧の料理では「ミネラル」が不足してしまうので、「硬水」を使って補われるということがあります。

「軟水」について詳しく

「軟水」とは日本では1リットルあたり100mg未満の「硬度」のものを指します。

「軟水」も「硬水」と同じように「アメリカ硬度」の計算式の通りで、WHO(世界保健機関)では「硬度」120mg未満を「軟水」と定めています。

日本の地層は「ミネラル」が少ない火成岩が中心になっており、山脈や川などが急勾配でできているので、雨水が地中に留まる時間が短いため「軟水」が比較的多くなります。

そのため、私たちが普段から口にする水道水や、国産のミネラルウォーターなどは「軟水」の場合が多く、私たち日本人には「硬水」よりも「硬度」が低い「軟水」の方が口に合っているとされています。

「硬水」と「軟水」の違い

「硬水」と「軟水」の違い

「硬水」と「軟水」の違いは以下の通りです。

  • 硬水」:日本では1リットルあたり100mg以上の「硬度」のもの、つまりは「マグネシウム」と「カルシウム」が多く含まれている水
  • 軟水」:日本では1リットルあたり100mg未満の「硬度」のもの、つまりは「マグネシウム」と「カルシウム」があまり含まれていない水

「硬度」の違い

「硬水」と「軟水」では「マグネシウム」と「カルシウム」の含有量を示す「硬度」が違い、日本では100mg以上を「硬水」、100mg未満を「軟水」とそれぞれ言い、「硬水」と「軟水」には「硬度」に違いがあります。

日本はその地殻成分や地形の関係から「軟水」が出来ることが多く、ヨーロッパやアメリカ大陸の南西部などは「硬水」が出来やすいです。

味の違い

「硬度」が高い「硬水」は口当たりが重く、独特な風味と苦味を感じます。その反対に「軟水」は古くから私たち日本人の舌に親しまれているのもあり、さっぱりとした味と、まろやかな口当たりが特徴です。

このように同じ水でも「硬度」が違うだけで、味や口当たりが変わっていきます。

また、「軟水」には美容効果や胃腸に優しい、老廃物の排出などのメリットが、「硬水」にはダイエット効果や便秘解消などの効果がそれぞれあります。しかし、「硬水」を飲み慣れていない方が飲んでしまうと、胃腸への負担がかかってしまうので、飲み始めは「硬度」低い「硬水」で慣れさせていった方が良いです。

「硬水」と「軟水」の違いは何?まとめ

「硬水」と「軟水」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 硬水」:日本では1リットルあたり100mg以上の「硬度」のもの、つまりは「マグネシウム」と「カルシウム」が多く含まれている水
  • 軟水」:日本では1リットルあたり100mg未満の「硬度」のもの、つまりは「マグネシウム」と「カルシウム」があまり含まれていない水

「硬水」と「軟水」は「マグネシウム」と「カルシウム」の含有量を示す「硬度」が違い、それによって体にもたらす効果や、その味が異なってくる

それぞれにメリットがあるので、うまく活用して使い分けていくのが良いですね。ただ、「硬水」を飲み慣れていない方が飲んでしまうと、胃腸への負担がかかってしまうので、飲み始めは「硬度」低い「硬水」で慣れさせていった方が良いので、この辺りは留意しておきましょう。

「有酸素運動」と「無酸素運動」の違いは何?筋力トレーニングやダイエットなどはお馴染みの「有酸素運動」「無酸素運動」ですが、これらの意味や違いはご存知でしょうか。 聞いたこと...
「傷」と「怪我」の違いは何?運動だったり普段の生活の中で、私たちは自身の身体に「傷」や「怪我」を負うことがあると思いますが、この2つの言葉の違いは何かご存知でしょう...
「目」と「眼」と「瞳」の違いは何?「目」は、私たちが物やこの世界の事柄などを見ることができる大切な視覚器官です。 しかし、「目」と同じようなものに「眼(め・まなこ)...