違い

「羽」と「羽根」の違いは何?

日本語には同じ読み方で、ほとんど意味が変わらないというものがありますが、「」と「羽根」もその内の1つです。

「羽」と「羽根」の言葉の存在は知っていても、これらの違いは知らないという方が意外にも多いと思います。

この記事で、「羽」と「羽根」の違いについて見ていきましょう。

「羽」と「羽根」の違い

「羽」と「羽根」の違い

「羽」と「羽根」の違いは以下の通りです。

  • 」:鳥類の翼や羽毛、鳥類や昆虫が飛ぶための器官、飛行機などのように一対の翼になっているもの
  • 羽根」:鳥類や昆虫から抜け落ちたものや、加工が施されたもの、またそれを模していたり似たりしているもの

「羽」と「羽根」は同じ意味で使われることもありますが、「羽」は鳥類の翼や昆虫の「はね」のこと、「羽根」は鳥類や昆虫から抜け落ちたものや、加工が施されたもの、またそれを模していたり似たりしているものです。

辞書的には同じ意味ですが、一般的にはこのような使い分けがされています。

「羽」「羽根」とは

「羽」「羽根」とは

「羽」について詳しく

「羽」とは鳥類の翼や羽毛、鳥類や昆虫が飛ぶための器官、飛行機などのように一対の翼になっているものを指します。

「羽」の主な意味は鳥類の全身を覆っている羽毛のことですが、鳥類や昆虫が飛ぶための器官や、飛行機などのように一対の翼になっているものも同様に「羽」と言います。

昆虫が飛ぶための器官は「羽」とも表記しますが、「」とも表記します。鳥類学では、「羽」と後述する「羽根」は区別がされておらず、全て「羽」という表記がされています。

また、「羽」は「羽を伸ばす」「羽を休める」などのように比喩的な表現でも使われます。

「羽根」について詳しく

「羽根」とは鳥類や昆虫から抜け落ちたものや、加工が施されたもの、またそれを模していたり似たりしているものを指します。

「羽」と「羽根」の一般的な使い分けとしては上記の意味ですが、辞書的な意味合いは全く同じです。

「羽根」は鳥類や昆虫から抜け落ちたもの、それを加工したもの、またそれを模したものを指す言葉です。しかし、抜け落ちたものが「羽根」なので、「羽根」という言葉を昆虫に対しては使わないという考えもあります。

加工したものというのは「羽根ペン」や赤い羽根募金で用いられる「赤い羽根」など、模したものというのは「バドミントン」の「シャトル」、「ヘリコプター」の「プロペラ」などがあり、「羽根」型の器具や部品のことも同様に指します。

「羽」は元々「は」というだけの読みで、「羽根」で初めて「はね」という読みになっていましたが、時間が経つにつれて「羽」も「羽根」と同様に「はね」と読むようになりました。

「羽」と「羽根」の違いは何?まとめ

「羽」と「羽根」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 」:鳥類の翼や羽毛、鳥類や昆虫が飛ぶための器官、飛行機などのように一対の翼になっているもの
  • 羽根」:鳥類や昆虫から抜け落ちたものや、加工が施されたもの、またそれを模していたり似たりしているもの

意味は似ていますが、微妙に意味合いが異なります。ぜひ、参考にされて見てください。

「アヒル」と「ガチョウ」と「カモ」の違いは何?「アヒル」と「ガチョウ」と「カモ」の違いをご存知でしょうか。 それぞれの名前は知っていても、これらの鳥類は見た目がかなり似通ってい...
「居眠り」と「うたた寝」と「仮眠」の違いは何?「居眠り」「うたた寝」「仮眠」どれも短時間眠るというときに使われる言葉ですが、これらの違いは何かご存知でしょうか。これらの違いについて言...
「ヒラメ」と「カレイ」の違いは何?左ヒラメに右カレイという言葉が有名な「ヒラメ」「カレイ」という魚ですが、これらは姿が非常に似通っていることで知られています。 そん...