違い

「ハム」と「生ハム」の違いは何?

ハム」と「生ハム」の違いは何かご存じでしょうか。私たちの生活に馴染み深い加工食品の1つですが、これらの正確な違いとなると難しいですよね。味や薄さなどの明確な違いはありますが、製造方法や、なぜ「生」という言葉がついているのか気になりますよね。

この記事で、「ハム」と「生ハム」の違いについて見ていきましょう。

「ハム」と「生ハム」の違い

「ハム」と「生ハム」の違い

「ハム」と「生ハム」の違いは以下の通りです。

「ハム」と「生ハム」の違い
  • ハム」:主に豚のもも肉の塊に香辛料や調味料を加えて塩漬けにし、型に詰めて整形、燻製、加熱した加工食品
  • 生ハム」:豚のもも肉を塊に香辛料や調味料を加えて塩漬けにし、乾燥、熟成させた後に、低温で燻製をし、塩抜きをした加工食品

「ハム」と「生ハム」は、香辛料、調味料、塩を加えるのは共通していますが、その後の工程が異なり、「ハム」は加熱、「生ハム」は乾燥させます。また、加える塩の量にも違いがあり、「生ハム」は「ハム」の約3倍の量の塩を使って塩漬けされています。

「ハム」「生ハム」とは

「ハム」「生ハム」とは

「ハム」について詳しく

「ハム」とは主に豚のもも肉の塊に香辛料や調味料を加えて塩漬けにし、型に詰めて整形、燻製、加熱した加工食品のことです。

英語では「ham」と表記し、豚のもも肉という意味があります。

本来の意味が豚のもも肉ということなので、豚のもも肉を使ったものを「ハム」と言うのが適切ですが、日本では、背肉である「ロース肉」から作られた「ロースハム」や、肩肉から作られた「ショルダーハム」、バラ肉から作られた「ベリーハム」など、様々な種類があります。もも肉で作られた「ハム」は、骨が抜かれた「ボンレスハム」、もしくは、骨がそのまま付いた「骨付きハム」に分類がされます。

「ハム」はサンドイッチやサラダなどの具材として、そのままの状態で食されることもありますが、火を加えて「ハムステーキ」にしたり、「ハムエッグ」にしたりと、料理での応用の幅が広いです。

「生ハム」について詳しく

「生ハム」とは豚のもも肉を塊に香辛料や調味料を加えて塩漬けにし、乾燥、熟成させた後に、低温で燻製をし、塩抜きをした加工食品のことです。

「生ハム」は「ハム」の約3倍の量の塩を使って塩漬けしているために、最後の工程で塩抜きをしますが、それでも、「ハム」と比べると塩っけがかなり強いです。

「生ハム」は熱を加える、加熱の工程がないため、名前に「」がつき「生ハム」となっています。しかし、これは日本に限っての話で、日本以外の国だと、加熱の工程がないため、日本で言う「生ハム」であっても「ハム」と言います。

「ハム」と同じようにサンドイッチやサラダなどで使われる他、ピザやパスタなどでも使用されます。

「ハム」と「生ハム」の違いは何?まとめ

「ハム」と「生ハム」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「ハム」 主に豚のもも肉の塊に香辛料や調味料を加えて塩漬けにし、型に詰めて整形、燻製、加熱した加工食品 本来豚のもも肉を使ったものを「ハム」と言うのが適切だが、現在では様々な種類がある
「生ハム」 豚のもも肉を塊に香辛料や調味料を加えて塩漬けにし、乾燥、熟成させた後に、低温で燻製をし、塩抜きをした加工食品 「生ハム」は熱を加える、加熱の工程がないため、名前に「生」がつき「生ハム」となっている

ぜひ、参考にされて見てください。

「漬物」と「ピクルス」の違いは何?世界には、同じようなものでも名称が違うものが多くあり、それらの違いについて気になるところで、「漬物」と「ピクルス」もそのうちの1つだと思...
「鮭」と「サーモン」の違いは何?「鮭」と「サーモン」は何が違うのかご存知でしょうか。 単に「鮭」を英語にしたものが「サーモン」と思われてしまいがちですが、実は私た...
「ミニトマト」と「プチトマト」の違いは何?「トマト」には「ミニトマト」や「プチトマト」といった通常のサイズよりも一回りも二回りも小さなものがありますが、これら「ミニトマト」「プチ...