違い

「グラタン」と「ドリア」と「ラザニア」の違いは何?

グラタン」「ドリア」「ラザニア」、どれも見た目が似通っていますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。

大人はともかくとして子どもだと見た目や味からこれらの違いは分かりにくそうですよね。

温かい食べ物が食べたくなるこの寒い季節、この記事で、「グラタン」と「ドリア」と「ラザニア」の違いについて見ていきましょう。

「グラタン」と「ドリア」と「ラザニア」の違い

「グラタン」と「ドリア」と「ラザニア」の違い

「グラタン」と「ドリア」と「ラザニア」の違いは以下の通りです。

  • グラタン」:フランス発祥で、魚介類や肉類、野菜、マカロニなどの具材にベシャメルソースを絡めて、チーズやパン粉をトッピング、器ごとオーブンで焼いた料理
  • ドリア」:日本発祥で、バターライスやピラフ、チキンライスなどの米類に、ホワイトソース、チーズをかけて、オーブンで焼いた料理
  • ラザニア」:イタリア発祥で、「ラザニア」というパスタ、チーズ、ホワイトソース、ミートソースを繰り返し重ねていきミルフィーユ状にし、最後にベシャメルソースをかけて表面をほんのり焦がした料理

「グラタン」「ドリア」「ラザニア」は見た目は似ていますが、具材は異なっており、「ドリア」には私たち日本人が馴染みやすいように米類が入っています。次の段落でそれぞれの詳しいことについて見ていきます。

「グラタン」「ドリア」「ラザニア」とは

「グラタン」「ドリア」「ラザニア」とは

「グラタン」について詳しく

「グラタン」とは魚介類や肉類、野菜、マカロニなどの具材にベシャメルソースなどのホワイトソースを絡めて、チーズやパン粉をトッピングし、器ごとオーブンで焼いた料理のことです。

「グラタン」はフランス発祥の料理で、フランス語では「おこげ」や「表面の焦げた薄皮」などの意味があります。本場のフランスでは「グラタン」はソースをかけて表面をオーブンなどで少し焦がした料理、とされることもあり、焦げていない場合は「グラタン」とは呼ばない場合があるようです。

日本ではマカロニが入っていることが多いですが、マカロニが必須という訳ではありません。

中に入る具材によって「グラタン」の前につくものが変化し、マカロニが入っている場合は「マカロニグラタン」、魚介類が入っている場合は「シーフードグラタン」、じゃがいもが入っている場合は「ポテトグラタン」と言い、バリエーションが非常に豊かな料理です。

「ドリア」について詳しく

「ドリア」とはバターライスやピラフ、チキンライスなどの米類に、ホワイトソース、チーズをかけて、オーブンで焼いた料理のことです。

「ドリア」は日本発祥の料理です。

1930年頃、横浜ホテルニューグランドの初代総料理長だった「サリー・ワイル」氏は、フランス料理である「グラタン」をどうやったら日本人の口に馴染むものにできるか思案したところ、日本人の主食である米を使ってみようという考えに至り、「ドリア」が生まれたとされています。

「ドリア」という名前の由来は、15世紀ごろに活躍したジェノバの海軍提督「アンドレア・ドーリア」氏の名前から取ったとされています。

日本発祥ということから海外では「ドリア」と言っても通じない場合があり、「ライスグラタン」もしくは「ライスキャセロール」と呼びます。

「グラタン」と同じようにバリエーションが豊かで、「カレードリア」「シーフードドリア」「ミートソースドリア」などがあります。

「ラザニア」について詳しく

「ラザニア」とは「ラザニア」という薄い板状のパスタ、チーズ、ホワイトソース、ミートソースを繰り返し重ねていきミルフィーユ状にし、最後にベシャメルソースをかけて表面をほんのり焦がした料理のことです。

「ラザニア」はイタリア発祥で、薄い板状のパスタのこと単体の意味で使われることもありますが、これを用いたパスタ料理でも使われます。

「グラタン」と「ドリア」と「ラザニア」の違いは何?まとめ

「グラタン」と「ドリア」と「ラザニア」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • グラタン」:フランス発祥で、魚介類や肉類、野菜、マカロニなどの具材にベシャメルソースを絡めて、チーズやパン粉をトッピング、器ごとオーブンで焼いた料理
  • ドリア」:日本発祥で、バターライスやピラフ、チキンライスなどの米類に、ホワイトソース、チーズをかけて、オーブンで焼いた料理
  • ラザニア」:イタリア発祥で、「ラザニア」というパスタ、チーズ、ホワイトソース、ミートソースを繰り返し重ねていきミルフィーユ状にし、最後にベシャメルソースをかけて表面をほんのり焦がした料理

ぜひ、参考にされて見てください。