違い

「ご来光」と「初日の出」の違いは何?

ご来光」と「初日の出」の違いは何かご存知でしょうか。似たような意味を持ち、また同じ意味として捉えてしまう方が多いですが、「ご来光」と「初日の出」ででは意味が若干異なっています。

この記事で、「ご来光」と「初日の出」の違いについて見ていきましょう。

「ご来光」と「初日の出」の違い

「ご来光」と「初日の出」の違い

「ご来光」と「初日の出」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • ご来光」:高山や山頂などで望む荘厳な日の出のこと
  • 初日の出」:1月1日、元日の日の出のこと

しばしば同義に扱われてしまう「ご来光」と「初日の出」ですが、前者は高山や山頂などで望む荘厳な日の出のこと、後者は元日の日の出のことです。そのため、元日に高山や山頂で拝んだ日の出でであれば、「ご来光」でもあり「初日の出」でもある、大変ご利益のある日の出という事になります。

「ご来光」「初日の出」とは

「ご来光」「初日の出」とは

「ご来光」について詳しく

「ご来光」とは高山や山頂などで望む荘厳な日の出のことです。

しばしば、富士山の山頂で見る日の出のことや、元日元旦に見る日の出ことを「ご来光」として捉えてしまいがちですが、そのような縛りはなく、どの山から見ても、どの日付で見ても、高山や山頂などで望む荘厳な日の出のことであれば、それは「ご来光」になります。

富士山の山頂から見る日の出のことを「ご来光」と捉えている方が多いのは、山が高ければ高いほど早く日の出を拝むことができ、早くに拝むことによってのご利益もその分大きいとされており、この点が影響しているためです。

現在では上記のように、高山や山頂などで望む荘厳な日の出のことを意味する「ご来光」ですが、元々は「御来迎(ごらいごう)」と書いて、日の出を見た際に山頂付近の雲と合わさって、お釈迦様が差し込む後光とともに現れるように見えることから生まれた言葉であり、その信仰対象は「仏教」となっています。

「初日の出」について詳しく

「初日の出」とは1月1日、元日の日の出のことです。

元日に見られる日の出あれば、どの場所から見ても「初日の出」となりますが、高山や山頂などで望む荘厳な日の出でなければ、イコール「ご来光」とはなりません。

「初日の出」の信仰対象は「神道」で、豊作の守り神である年神様が、「初日の出」とともに来迎、降臨するとされていたことから「初日の出」を拝むようになったとされています。

昔からある風習ですが、「初日の出」を拝むのが全国的に盛んになったのは明治以降と言われています。

「ご来光」と「初日の出」の違いは何?まとめ

ご来光 【意味】高山や山頂などで望む荘厳な日の出のこと
【備考】どの山から見ても、どの日付で見ても、高山や山頂などで望む荘厳な日の出のことであれば、それは「ご来光」になる
初日の出 【意味】1月1日、元日の日の出のこと
【備考】「ご来光」は「仏教」、「初日の出」は「神道」が信仰の対象となっている

「ご来光」と「初日の出」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「晦日」と「大晦日」の違いは何?「晦日」と「大晦日」の違いは何かご存知でしょうか。 「晦日」と「大晦日」の違い 「晦日」と「大晦日」の違いは以下の通...
「お歳暮」と「お中元」の違いは何?突然ですが「お歳暮」と「お中元」の違いは何かご存知でしょうか。ある時期になるとこれらの言葉を聞く機会がグンと増えますが、それぞれにどんな...
「お辞儀」と「会釈」の違いは何?「お辞儀」と「会釈」の違いは何かご存知でしょうか。どちらも腰を折り曲げて頭を下げるという動作を指す言ですが、実はこの2つには明確な違いが...