違い

「天才」と「秀才」の違いは何?

天才」と「秀才」様々な場面でこの2つの言葉を聞きますよね。どちらも優れた人を指す意味の言葉な訳ですが、この2つの「天才」と「秀才」にはしっかりと違う意味があるんです。

また、「天才」と「秀才」どちらの方が優れているのか、どちらの方が上なのか気になったことはないでしょうか。

この記事では、気になる「天才」と「秀才」の意味の違いと、両者はどちらが優れているのかについてまとめてみました。

「天才」と「秀才」の違い

「天才」と「秀才」の違い

「天才」と「秀才」の違いは以下の通りです。

「天才」と「秀才」の違い
  • 天才」:生まれつき備わった、人より優れた才能を持つ人物
  • 秀才」:通常の人より優れた・秀でた才能を持っている人物

「天才」と「秀才」の違いについてとても分かりやすいのが、先天的か後天的かの違いです。

「天才」とは生まれつき備わった優れた才能を持つ人物のことであり、「秀才」とは本人のそのたゆまぬ努力の結果、通常の人より優れた、秀でた才能を獲得をした人物を指します。天才は天からの先天的、秀才は自身の力による後天的と解釈しておくと分かりやすいと思います。

また、「天才」は感覚的、「秀才」は論理的に判断をするとも言います。

「秀才」は論理的に物事を判断し、学力などで他人よりも秀でた能力を開花させます。一方で「天才」は感覚的に物事を判断し、その才能を発揮していきます。テレビなどでいわゆる「天才」と呼ばれている人たちの言動には、理解できない部分が多々ありますが、そういうことです。

「天才」「秀才」とは

「天才」「秀才」とは

「天才」について詳しく

「天才」とは生まれつき備わった、人より優れた才能を持つ人物のことを指します。

「天才」は文字通り、天に与えられた才能のことです。

人の努力ではたどり着くことができない、年が若いのに優れた才能をすでに持っている人のことを指します。スポーツ、学問、芸術などのあらゆるジャンルで飛び抜けた人物に対して使われます。

ただ、「天才」というのは聞こえは良いのですが、ある分野に飛び抜けた才能を持っており、その他に関しては特に劣っていたり、価値観なども他の人に比べると非常識であることの方が多いようです。

「天才」は死後に認められるというケースもあり、その代表には画家の「フィンセント・ファン・ゴッホ」などがいます。彼は生前は全く売れない画家でしたが、死後には一流の画家として名を馳せています。

「秀才」について詳しく

「秀才」とは通常の人より優れた、秀でた才能を持っている人物のことを指します。

「天才」と似ていますが、「天才」は生まれついた時から備わっている才能を持っている人物のこと、一方で「秀才」は本人のたゆまぬ努力の結果、通常の人より優れた、秀でた才能を獲得をした人のことを指します。

「秀才」という言葉は、中国で長らく行われてきた「科挙(かきょ)」という制度から生まれた言葉です。「科挙」は受験資格を問わない官僚登用試験のことで、3000倍に近いその倍率を争い、その狭き門を突破するためには多くの勉強と知識が必須です。

そして、その科挙でも難しいとされている「秀才科」からその試験を突破した人をのちに「秀才」と呼ぶようになったそうです。ある意味では「努力の天才」が「秀才」なのかもしれません。

「秀才」の対義語には「劣才」や「鈍才」といった言葉があります。

「天才」と「秀才」はどちらが優れている?

「天才」と「秀才」はどちらが優れている?

「天才」と「秀才」はどちらが優れているのかについては、時と場合により、どちらが優れているのか一概には言えません。

世間一般では「天才」の方が優れているようなイメージですが「天才」が「秀才」を凌駕することもあれば、「秀才」が「天才」を凌駕することもあります。

また、その人の視点によってもどちらが優れているのかは変わってくるので、「天才」と呼ばれる人たちは周囲からの批判であったり、変な目で見られることが多いのでそういう意味では「天才」の方が不利なのかもしれません。

「天才」と「秀才」の違いは何?まとめ

「天才」と「秀才」の違いについて見ていきました。

言葉 意味 備考
「天才」 生まれつき備わった、人より優れた才能を持つ人物のこと 「天才」はある分野のみに突出した才能を持っており、それ以外は特に劣っていたり、性格が非常識であったりすることが多い
「秀才」 通常の人より優れた、秀でた才能を持っている人物のこと 「秀才」は本人のたゆまぬ努力の結果によって秀でた才能を獲得をした人のこと。中国の「科挙」の「秀才科」が語源

それぞれ似たような意味ではありますが、根本的な意味は異なっており、先天的か後天的かの違いか感覚的か論理的か、その考え方に違いがありました。

今から「天才」にとはいきませんが、努力をして「秀才」になれるようにできることからやっていきたいですね。

「去年」と「昨年」と「前年」の違いは何?日本語には似たような意味の言葉が数多く存在します。ここで紹介する「去年」「昨年」「前年」という言葉もそうですね。同じような意味で使ってい...
「うろ覚え」と「うる覚え」の違いは何?「うろ覚え」と「うる覚え」、「ろ」と「る」の違いですが、これらの意味やどちらが正しいのかご存知でしょうか。 普段から使っている言葉...
「定規」と「物差し」と「線引き」の違いは何?「定規」や「物差し」、「線引き」は、線を引くときや長さを測るときに主に使用しますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。同じものを指して...